介護士の精神が崩壊しないために実践したいことまとめ

スポンサーリンク
介護士の仕事

こんにちは、黒澤春です。

今回は介護士の方で精神が崩壊しないために実践したいことをまとめみました。

私自身も介護福祉士として老人保健施設にて勤務している際にうつ病になった事が御座います。

 

同じようにうつ病のような気分の落ち込みに悩まれている人も多いかと思います。

本記事を読むことで少しでも精神的苦痛が和らぐ方法について記したので是非と参考にして下さい。

スポンサーリンク

精神を病む介護士は増加中

精神障害の労災請求件数の推移を表したグラフ

引用元:うつ病で労災認定を受ける介護職員が急増中!? 問題は腰痛だけじゃない!精神疾患に苦しむ介護職員をどう救う?

介護士がうつ病などの精神疾患にかかる確率は年々増加しております。

なので、潜在的に精神が蝕まれている方はこの数よりもっと多いことが予測されます。

知らず知らずの内に自律神経が乱れうつ病になったら本当に苦しい思いをしますよ。

  • 不眠症
  • 常に不安に襲われる
  • 全ての物事に対して意欲が沸かない
  • 過食、食欲不振

人によって病状は変わりますが、確実に日常生活に支障をきたします。

精神崩壊してうつ病になったら、最悪一年以上の療養期間が必要な方もいらっしゃるみたいです。

そうならないためにも、精神崩壊する前に普段の生活から見直していきましょう。

頼みごとを断れない介護士

優しくて真面目な介護士さんは色々と頼まれごとが多いかと思います。

頼まれごとが多すぎて、自分のキャパシティを大きく超えてしまうと多大なストレスになります。

介護施設で長く勤められている職員は委員会活動や親睦会員、夜勤前後の会議など、うまく回避しております。

 

真面目に取り組むことで報われるならまだしも、介護業界は正直いって余り報われないです。

なので、そういった仕事以外の活動はなるべく参加しないようにしましょう。

あなたが勤め先で施設長といったポストを狙うのなら話は別ですが、イエスマンになってしまうと「都合のいい人間」なってしまいます。

都合のいい人間にならないためにも、出来ないことは出来ないとしっかりと自分の意思を相手に伝えましょう。

悲観的思考(ネガティブ)に捉える

物事を悲観的に考えるのはあなたの精神を着実に蝕みます。

人員不足で見守りが出来ずに起こった転倒事故を「自分のせいだ」と自分を責めていませんか?

はっきり言って転倒事故に関しては今の人手不足の現状では運ゲーの要素が強いです。

それに人員が厚い日でも転倒事故は起きます。

 

仕事は天気と一緒でコントロールする事はできません。

深く考えすぎることで、未来のために行動できなくなります。

反省することも大切ですが気持を切り替えていきましょう。

空気を読みすぎる

日本人は空気を読まないとKY扱いされる傾向があります。

空気を読みすぎることで確実に気疲れを起こし、精神は徐々に摩耗していきます。

空気を読みすぎるのではなく、何事も適度が大事です。

まず自分が空気を読みすぎる人間かを知りましょう。

  • 周囲の目を気にしすぎる
  • 共感同調をしすぎる
  • 自分の意見が言えない

自分の気持ちを押し殺し、常に周りに気を配っている方は要注意です。

相手の意見を尊重することも大事ですが、時にはきちんと周囲の目を気にせず、意見をする事が重要になってきます。

 

そうしないことの弊害として、都合の良い人間に成り下がるばかりか「こいつ何も考えていないな?」「自分の意見や意思ないのかな?」と意地悪い職員に目を付けられます。

誰しもが、あなたの性格を理解し救いの手を差し伸べてくれる訳ではありません。

完璧主義を捨てよう

何でも完璧にこなそうとする介護士は精神崩壊の可能性大です。

私の働いてた老人保健施設ではパートさんが休んでしまうと居室清掃や小さな業務が回らないほど忙しかったです。

時間内に全ての業務を終わらせようと躍起になっている方いませんか?

 

明らかに業務内で明らかに終らない業務があるのにサラッと職員は正直多いです。

優先順位を考えて、入浴介助や離床介助の時間になってしまった…それがストレスに繋がります。

 

なので回らない仕事はうまくゴマかして後回しにするか後日やればOKです。

仲間に頼れない介護士

一人で抱えすぎて人に頼れない介護士さんいらっしゃいませんか?

お人好しの人に限って自分のキャパシティを越えて仕事を抱えるとミスにも繋がりますし、期限までに終わない可能性があります。

 

そうすると結果的にあなたの信用も落ちますし、仕事が出来ない人間のレッテルを張られるかもしれません。

素直に上司や同僚に相談し、仕事の割り振りをしましょう。

それでも「自分でどうにかしろ」と指示を出してくるなら、その職場は正直クソです。

大きな事故に繋がる可能性や心が消耗する事を考慮すると、部署移動か転職するのが賢い選択と言えるでしょう。

介護士が精神崩壊する前に防ぐべき事

施設によっての経営理念や人間関係、シフトの組み方によりワンオペ勤務を強いられることもあるかと思います。

これらの事は解決していくべき重要な課題ですが、国が介護士の給料を低く設定しており、都合の良い奴隷を集めることしか考えていないので改善することはまずないでしょう。

労働環境は確実にあなたの精神に影響を与えます。

まとも精神を保つためには自分の置かれている立場を理解し、自分で行動し改善していくのが近道です。

精神崩壊を防ぐための転職

ここではまともな介護士と働くための転職方法をまとめていきたいと思います。

無資格者なら無料の資格援助を受けつつホワイト施設を見つける。

現職であれば資格を最大限に生かせる健全な職場環境を見つける手助けになれるかと思うので興味のある方は是非求人サイトに無料登録してみてください。

幸い、失業保険の知識があったため最大300日働かなくてもお金をもらいながら静養し今は幸せに暮らしています。

うつ病で失業保険を貰った記事も過去に投稿していますので限界を感じている方は是非参考にしてみてくだし。

うつ病で退職したら失業保険が最短でもらえる【証明書必須】
こんにちは、黒澤春です。 今回は私が仕事でうつ病になった際に失業保険を最短ですぐに貰えた話をしていこうと思います。 仕事で心が病んでしまった方は是非とも参考にしてみて下さい。パワハラや残業で失業保険を貰うには証明が必要で中々難し...
失業保険をすぐもらう方法【自己都合退職でも3ヶ月待たずにもらえる裏技】
こんばんわ、黒澤春です。 私は過去に失業保険を5回程受給した経験がありますが、全て3ヶ月の給付制限を待たずに最短で給付金をすぐにもらいました。 仕事を辞めることになって失業保険というものの存在を知る人も多いかと思います。 ...

 

介護士の仕事
黒澤春

ライブドアブログ2年を経てワードプレスへお引越ししてきました。無料ブログで稼いだ10万円を手にせっせかと執筆活動とYouTubeに勤しんでいます。

黒澤春をフォローする
シェアする
黒澤春をフォローする
halblog