仕事が出来ると勘違いしている残念な介護士5選

スポンサーリンク
介護士の仕事

こんにちは、黒澤春です。

今回は仕事が出来ると勘違いしている介護士5選を紹介していきます。

介護職は他の職員とのチームワークが不可欠です。

しかし、仕事が出来ないくせに仕事出来るアピールをしてくる介護士が風紀を乱すなんてことは珍しくありません。

今回は仕事が出来るように見えて全然できていない、残念な人の特徴をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

仕事が出来ると勘違いしている残念な介護士の特徴

仕事が出来ない介護士は仕事が出来ないので、いつも高圧的だったりします。

自分は出来ると思い込んでいる傾向は強い上に、自分のミスが露見しないように、ちょっとしたミスを指摘してきます。

要するに仕事が出来る風を装うために、他人の粗探しをしたり、感情的な人が多いです。

1.自分の仕事っぷりを自慢する介護士

あなたの周りに自分の仕事っぷりを自慢してくる人はいませんか?

  • 私は利用者のことを考えている
  • 他者比較し自分の凄さをアピールする
  • 自分のおかげで仕事が回っていると思っている

相手との信頼関係がない状態で自慢やされると余り良い気分にはなれないですよね?

人の感情は物差しでは図れません。

注目を浴びたい、自分が凄いとアピールしたいオーラを出している人とは一線置きましょう。

そういう人は大体昇進出来ないですし、仮に昇進しても付いてくる職員はいません。

2.抽象的な物言いをする介護士

抽象的な物言いをする介護士は注意しましょう。

例えば話ですが

〇〇さんにこうした方が良い…といった具体例を出さないパターン、遭遇したことありませんか?

「そこはあなたが考えなさい」と丸投げする介護士は超能力者気取りの無能な人材です。

結果、自分なりに思考した介助を行うも、それは違うと否定してくるんですよね。

こういった状況がまかり通ると曖昧なまま業務を遂行する職員の巣窟になります。

そして以下のような弊害が生まれます。

  • 業務の基盤が無い
  • 職員によって介助方法が違う
  • 認識がズレて統一性が無くなる
  • 仕事が適当になりがち

自分は納得できない、意味がわからないって事ありませんでしたか?

抽象的だと範囲が広すぎて、何となく正しいと思ってしまいます。

結果的に、何となくな雰囲気で仕事に携わると、当然ですが仕事の質は低下します。

新人さんの中で事故報告書の書き方が分からず苦戦してる人いませんか?

抽象的な言葉では無く、具体的に聞かないと人間は理解できません。

少なくても私はそうです。

曖昧なままにせず、具体的にどうなのか?質問してみてください。

それで何でも変らない職場であれば、その介護施設は終わってます。

3.しれっとマウントを取ってくる介護士

冒頭でも話しましたが、私の方が仕事出来るアピール人間は仕事が出来ません。

仕事を円滑に回すに当たって改善点、最適化の案を否定し、変化を受け入れられない職場に未来はありません。

ここにはここのやり方がある

業には業に従え、長いものに巻かれろ精神の職場

なら、原始時代に戻って土器でも作ってて下さいと言いたいレベルですよね。

良いところを認めようとせずダメ出したり、いきなり業務に割り込んできてアドバイスする空気の読めない介護士さんいますよね。

それは、マウンティングを取ってあなたの上に立ちたいだけです。

優位性に憑りつかれた化け物です。

しかし、こういった仕事出来ない人間は中々仕事を辞めないので、年功序列で上にいるケースが多いです。

とにかく新人に対して、仕事ができないことをバレないようするため、自分を大きく見せてきます。

あの人は優秀、自分は仕事できないと自信を無くしてしまう新人さんも珍しくありません。

そんなことないです、まやかしです。あなたの方が仕事出来ますよ。

貴重な人材のやる気を奪っても何も良いことはありません。

例え年下だろうが、年上だろうがし謙虚に接する事が出来る職員こそが仕事の出来る介護士なのです。

4.施設内をあれやこれやと批評する人

あの人は仕事ができる、あの人は仕事ができない、あのフロアの介護はダメだと評論家気取りの職員いませんか?

そういう人は部署内で腫れ物扱いされている可能性大です。

もし、自分がその人から仕事ができない認定されたら悲惨です。

ドヤ顔で評論家視線であなたの仕事っぷりに茶々を入れてきます。

批評したところで組織なんてそうそう変わりません。

論してる時点で無駄なんです。

そして、エセ評論家介護士は最初は優しく新人に擦り寄ってきます。

うまが合わないとあなたを無視したり、陰湿なイジメに発展する可能性があるので深入りは禁物です。

5.笑顔が無く不愛想、挨拶が出来ない

笑顔が無く不愛想な人、挨拶のできない人は介護業界では致命的です。

正直介護業界に限らず、私が営業をしていた際は愛嬌のない人は売れていませんでした。

というか、人間社会において不愛想な人は近寄りがたかったり何かと損しています。

仕事に厳しく冷たく見える人と、笑顔が無く不愛想な人は似ているようで全然違います。

「あの人冷たいけど仕事が出来る」と新人さんは勘違いしがちです。

自分に余裕が無く、常にカリカリしている人にありがちなパターンですね。

朝市の挨拶は一日のスタートであり、仲間と挨拶を交わす事で意欲ややる気に繋がります。

常識が出来ない介護士がいることでフロア全体の士気が低下すると言っても過言ではないでしょう。

仕事が出来ると勘違いしている介護士との付き合い方

仕事をするにあたって、仕事の出来ない介護士との接触は避けられません。

では、具体的にそういった痛い職員とどう付き合えばいいのか説明します。

  • 必要最低限以外関わらない
  • 酷いようなら部署移動
  • 施設に思い入れがないなら転職する

仕事の出来ない介護士が役職に就いてる時点でその社会福祉法人だったり、会社には人材マネジメント能力は皆無です。

というか、まともに職員の事を評価出来ていない可能性が高いと言えるでしょう。

本当に仕事が出来る介護士の定義

仕事が出来る上司や同僚は確かにいます。

私が定義する仕事が出来る尊敬の出来る人はこのようなイメージです。

  • 率先して動く
  • 仕事を効率化している
  • 同僚や部下の心に寄り添う
  • レスポンスが早い
  • 身だしなみが整っている

等など、他にも該当するものがあると思います。

具体的に仕事が出来る人はどういった人を指すのでしょうか?

営業職であれば「ノルマを達成している」といった結果から、その人の努力や人柄が分かると思います。

中には性格が捻くれてても結果を出す人もいますが…

介護職は数字のノルマが無い分、仕事が出来る職員が不透明になりがちです。

勘違い職員でも立ち振る舞い一つで「仕事が出来る風」に見えてしまうんですよね。

結果が分かりにくい分、利用者さんと心から寄り添ったり、小言を言わずにさらっと職員のミスをカバーできる介護士が仕事の出来る介護士と私は考えています。

そういった方は施設や同じフロアに限らず、他部署からのの信頼も厚く、笑顔が素敵な方が多い印象を受けます。

即ち、介護士で仕事が出来る人は、高齢者に限らず老若男女に心から寄り添える人なのです

良い施設で良い仲間と仕事をしよう

仕事の出来ない介護士が量産されている職場環境だとマウント合戦の餌食になり、あなたの精神は崩壊します。

最悪ストレスの矛先が利用者に向いて虐待に走ってしまうケースも不得手きています。

幸せになるためには良い職場環境で働くことです。

そうする事であなたは介護士として健やかに働けると思います。

ホワイト施設を探すなら転職エージェントを利用しましょう。

転職で失敗しない本当に役立つおすすめの介護転職エージェント
介護転職エージェントと呼ばれている本当に役立つ転職エージェントのまとめ記事です。ブラック施設で消耗している方は、オススメの人気非公開求人多数なので登録して、失敗しない転職をしましょう。

最後に

いかがでしたか?

こういった上司や仲間がいる職場は要注意です。

プライドを気付けずに伝えてもこういった職員の耳には届きにくいです。

これを読んでいるあなたは自分の能力を過信せず、周りへの感謝を忘れずに仕事に取り組んでください。

正しい努力は決してあなたを裏切ることはありません。

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

介護士の仕事
黒澤春

ライブドアブログ2年を経てワードプレスへお引越ししてきました。無料ブログで稼いだ10万円を手にせっせかと執筆活動とYouTubeに勤しんでいます。

黒澤春をフォローする
シェアする
黒澤春をフォローする
halblog