自信を持てない介護士が明日から実行すべき行動

スポンサーリンク
介護士の仕事

こんにちは、黒澤春です。

今回は自信の持てない介護士が明日から実行すべき行動について話していきたいと思います。

ここでは、あなたが自分に自信が持てない理由について深堀していきます。

自信が持てないとなると、大体の理由として仕事のミスや人間関係が上げられます。

正直このチョイスに関しては当たり前すぎるので割愛します。

もっと自分に自信を持てない人の根底にある気持ちが解消できる手助けになれれば、と思います。

スポンサーリンク

【介護】自信がない人が明日から実行すべき行動

自分に自信が持てないイコール自分の事を認めていない、分析できていないと思います。

今回紹介するのものに当てはまらない方もいるかもしれませんが、最後に紹介するものは介護業界に限らず、全てに言える事なので是非ともチェックして頂きたいです。

人格否定する介護士から逃げる

きついから環境から逃げるのはいけない事と思っている方いませんか?

根性見せろとか昭和の根性論かます人がいますが、今は令和です。

ちょっと前までは就職した企業で定年まで働くことが当たり前でしたよね?

しかし、今のご時世では転職するという選択は普通のことになってきています。

大企業のトヨタでは「終身雇用の限界」を訴えていましたし、同一労働同一賃金が大企業で施行されました。

大企業ですらこの様な情勢なので、労働者が自らのスキル磨き、自分を高める必要性も求められています。

そして、今や労働者が雇用主を選ぶ時代に突入しています。

なので、例え人格否定やイジメ、パワハラを働く上司から逃げても何もダサくないです。むしろ戦略的撤退だと私は称賛します。

あなたの介護に対して対したアドバイスもせずに、ただダメ出しする職員いませんか?

  • 介助中にため息をつかれる
  • 影で「あいつは使えない」といった悪口を言っている
  • 面と向かって人格否定をしてくる(バカ、辞めたら?など)

私の体験談ですが、とある老人保健施設で働いている際に人格否定され逃げました。

その法人に希望を託し、違う部署に異動しましたが、今度は人手不足による過重労働でうつ病になり退職しております。

限界を迎えても逃げないと精神に支障をきたすと私みたいに「精神が病んで退職」してしまいます。

腹をくくったのなら頑張る、無理なら逃げると行動の選択をしましょう。

健全な介護施設(環境)で成長する

自分に自信を付けるには何かを達成したりと成功体験を積み重ねていく必要があります。

感情的な上司に対して、萎縮し顔色伺うようになったらもう終わりです。

自分の意見も言えずただ、与えられた業務をこなすだけの介護士へと成り下がっていきます。

そのためには先ほど話した人格否定をしてくる介護士のような関わってはいけない人間がいない環境に身を置くのがベストです。

想像してみてください、あなたの心を平気で傷つけてくる人間と定年まで一緒に働けますか?

私は無理でした。

  • 人格否定をしてくる職員
  • マウントを取ってくる職員
  • 仕事を教えてくれない職員

こんな環境下じゃモチベーションも上がりませんし、最悪介護の仕事が嫌になってしまいます。

決してあなたが仕事が出来ない訳ではなく、質問がしにくい報連相といったチームとの連携が図りにくい職場にいても永遠に成長できません。

勿論、根底にはオムツ交換後のオムツを居室に忘れたりといった仕事でのミスを減らす努力も大事です。

小さな積み重ねで人は信頼を得ていきます。なので、休憩前に忘れ物がないか居室やトイレを確認する作業も大事かと思います。

しかし、それでも頑張っても報われない施設は正直健全じゃないと思います。

自分の考えに自信が持てないのであれば働いている離職率もみましょう。頻回に人が辞めていっている施設はあなたのいるべき場所ではないかもしれません。

良い施設であれば、配偶者の引っ越しなどの止むを得ない事情で退職する以外離職者は出ないはずですから。

介護・福祉業界で実績を作る

あなたが介護士として頑張る意思があるのであれば、自分の価値を高めるのもオススメです。

手始めに実務経験5年が必要な介護支援専門員(ケアマネージャー)を取得するのが良いでしょう。

無資格であれば、初任者研修から介護福祉士といったように段階を踏めばOKです。

資格はその人が努力した結晶です。ケアマネージャーの資格を取得したことに役職への昇格のチャンスも巡ってきます。

私の知人の一人に社会福祉士を取得し公務員に転職された方もいます。主任ケアマネを目指している人もいました。

介護業界は異業種に比べ、目標の一つとして上位の資格を目指すといった明確な目標を立てやすいのはメリットですね。

努力と熱意をもって実績と事実を積み重ねていきましょう。

介護経験5年の介護福祉士か、介護経験5年のケアマネだったら後者の方に魅力を感じませんか?

私は少なからず後者の方の方が向上心のある人だ、というイメージを持ちます。

結果を出しましょう。

確かな結果、実績を積むことことで自然と自分の自身へと繋がります。

もしケアマネ取って現場から離れてデスクワークするにしろ、好きな仕事、やりたい仕事なんて実際に従事しないと分からないです。

合わなければ現場に戻ればOKです。

自分で自分を認める

自分に自信がないのは自分が価値のある人間と思えない事が根底にあります。

言わば、他人から承認される必要がある訳です。

まずは身近で応援してくれたり、あなたを助けてくれる人に感謝していきましょう。

勿論、意地悪な介護士おばさんや本記事で紹介した人格否定を働く人に対してはしなくて良いです

感謝し他人を認めることで親しい人の気持ちが明確化します。

  • 理解してくれる
  • 自分の味方でいてくれる
  • 愛してくれる

人に期待するより自分から動いていきましょう。

誰かに認められるというのは、誰かに何かをされることではありません。

まずは自分が周りを認めていきましょう。その結果、自分で自分を認めるという形にもなります。

考えるプロセス、その行為自体が自分を認めているんです。

職場に感謝を伝えれない人は友人や家族に気持ちを伝えることも効果的です。プライベートでの正しい承認欲求は自信や前へ踏み出す力に変わります。

それでも自分には仲間がいないという方は自分を一回見つめ直すと良いでしょう

  • 愚痴ばかり零していないか
  • 他人を批判していないか
  • 話しやすい人に仕事を押し付けていないか

あなたが世間的に見て、至極当然なことをしていたのであれば仲間は一人、二人は付いてくるはずです。

今いる介護施設を続ける自信がない方へ

ここまで読んだが、自分はもう今の介護施設では頑張れないという方は中には絶対いらっしゃるかと思います。

介護士に限らず、今は何にでも挑戦できる時代となりました。

先ほど言ったように転職が当たり前の時代が到来しております。

終身雇用制度も崩壊し、同じ職場で定年まで働き続けるメリットは薄れてきていまあす。

今までの人生の成功パターンとして決められたレールを歩き、良い企業に就職するというのが日本社会での勝ち組の構図でした。

しかし、今はいくらでも軌道修正が効きます。

働く環境を選べる、自分の理想に近い働き方を見つけれるというは今の時代の素晴らしい点だと思っています。

老人ホームは世にたくさんある

老人ホームなんて日本に1万件以上あります。

何も一つの施設に固執する必要は全くありません。その働いている施設で施設長などのポストを狙うのであれば話は別ですが、元々の雇用条件より厚待遇の施設があるのであればそちらに移る事をオススメします。

基本給でボーナスが決まるのと同じく、元々の条件が良くないと無駄な業務と残業ばかり増える危険性があります。

特に健全な職場環境ではない施設では職員どころか経営理念が機能していない事業所も珍しくありません。

自信が養われない職場はさっさと去りましょう

いくら自分の価値を高めたり、他人に感謝し正しい承認欲求の満たし方をしても救われない施設とはおさらばしましょう。

そういった施設の特徴としては、万年人手不足だったり、何かしらの問題を抱えている事業所が多いです。

経営方針についてはもはや一平社員が介入できる問題でもないですし、改善される希望もほぼ皆無です。

人は中々変わりませんし、組織というものも一人が改善策を出してもほぼ100パーセント変わらないです。

そうなると他人に期待するより、自分が幸せな道へと歩いて行った方が何倍、何十倍のスピードで早く理想に近づけます。

自分の理想の環境を見つけるためにもハローワークや地元求人誌のような、毎回似たような求人を出している施設へいくのだけは避けましょう。

ハローワークで職探しをするメリットはありません【ハロワ歴10年の感想】
こんにちは、黒澤春です。 タイトルにある通り、ご察しの方が大半だと思いますが敢えて言います。 私はハローワークの求人が大嫌いです 確かに掘り出し物の求人が存在するのは確かですが、初めて転職を試みる人にとって非常に見極めが困...

介護専門の求人サイトを利用しよう

介護求人サイトは事業所が人材確保のために、求人サイトへ資金を投じているため、介護士を大事にする傾向があります。

他にもハロワなどでは公開されていない非公開求人や、入職後の労務相談や、マッサージ費用を補助してくれるような面白いものまで幅広く存在します。

今回は介護福祉士の私が新たな環境で頑張る当たって登録すべき求人サイトを紹介していきます。

ウェルクルーエージェント



充実アフターフォローの介護転職支援サービス【ウェルクルーエージェント】

ウェルクルーエージェントは介護業界初の福利厚生付き転職支援サービスとなっております。さらに無資格者も募っているので、無職期間の長いニートの方や介護未経験者にもおすすめです。

ウェルクルーエージェントは比較的新しい求人サイトだからこそ、旧時代の転職エージェントのメリットを取り入れた新時代の求人サイトと言えるでしょう。

非公開求人が多数存在しており、今一番勢いのある介護転職サイトです。

特に入職後のアフターフォローに関しては他の転職エージェントより頭一つ抜きんでております。

  • 入社後のサポート入職後の労務相談
  • マッサージ代の補助
  • 子育費用の補助

特にマッサージ補助は他の求人サイトにはない、珍しい制度です。腰を一度痛めたら再発のリスクも高いので、とてもありがたいアフターサービスと言えるでしょう。

ウェルクルーエージェントの登録はこちらから

ケアジョブ


利用したい転職支援サービスNO.1のケアジョブ

ケアジョブは厚生労働省許可の数少ない優良求人サイトの一つです。

  • より詳細な求人情報をご提供してくれます。なかなか聞きづらい情報も、担当のコンサルタントがしっかりと確認してくれるので安心
  • 希望条件を丁寧にきちんとヒアリングしてくれます。自分には厳しそうな条件でも色々な提案を相談する価値あり
  • 充実のサポート体制が凄いです。お仕事の紹介もそうですが、入職後(入社後)の疑問や不安も一緒に解決してくれるアフターサービス付きで、トータルでサポートしてくれる

ケアジョブでは担当のコンサルタントのサポートがかなり充実しております。

又、対応している地域も多く介護経験者にとって使いやすい求人サイトです。

 

ケアジョブの登録はこちらから

かいご畑


資格・経験を生かして好条件で転職介護専門求人サイトかいご畑

かいご畑の特色として人材コーディネーターが全員有資格者なため、専門的な知識もありホワイトな施設へのパイプが期待できます。

さらに、国内の派遣会社で0.2%しか選ばれていない「優良派遣事業者」に選出されており、安心出来る求人サイトの一角ですね、評判、クチコミ共に非常に高いです。

短時間や高時給で効率よく働きたい主婦(主夫)の方にもありがたい、雇用形態の求人も多数掲載されております。

さらにかいご畑」の魅力として「介護派遣会社」としてもかなり評判の高いのも魅力の一つです。

「介護初心者の方」と「対象地域に合致する方」であれば是非とも登録しておきたい求人サイトです。

ちなみに求人の情報収集のためだけの利用も推奨されているので、気軽に無料登録使用出来るのもポイントが高いですね。

かいご畑の登録はこちらから

きらケア介護求人


転職先をお探しの介護士さんに!【きらケア】

レバレジーズメディカルケア株式会社の運営する「ケア介護求人」は、正社員求人から、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトなど幅広い求人を扱っています。

きらケア介護求人の特色は以下の通りです。

  • 地域別にパイプをもったアドバイザーが在籍している
  • 多数の優良(ホワイト)求人
  • 就職後のサポートも充実している

又、週払い払いや日払いもOKなのでお財布状況によった自由な働き方も期待できます。

きらケア介護の登録はこちらから

又、「きらケア介護」では派遣事業にも力を入れております。



「きらケア派遣」での時給1500~1700円とかなり高めです!

きらケアは他の転職サイトの中でも、派遣に関しては給与は目に見えて高い水準です。

派遣のため、サービス残業も無いためしっかりと残業代も支払われるので安心ですね。

その為、正社員で働く前に「施設見学をしたい」「取り敢えず派遣で働いてみたい」という方にはオススメの転職サイトです。

介護業界は人手不足なので、職場との相性が良ければ派遣後に正社員登用される話も珍しくありません。

私みたいにブログを書きながら自分の時間を確保したい方や主婦、フリーターの方から絶賛されており、口コミでもかなりの高評価です。

介護派遣のメリット・デメリット【それぞれの特徴や実態まとめ】
こんにちは、黒澤春です。 最近では終身雇用制度の崩壊と共に、自由な生き方が求められる時代になってきました。 正社員で働いていても報われず、役職に付けばサービス残業の嵐… そんな事もあり、最近では敢えて正社員では無く、介護派...

最後に

いかがでしたか?

自分で自分の価値を高めたり正しい承認欲求の満たし方で自信を身に付ける事は可能です。

しかし、自分で努力しても健全な介護施設でないと潰れて終わります。

まずは自分の置かれている環境が果たして正しい場所なのか見極めていきましょう。

頑張ると決めたなら全力でフルコミットしましょう。

ダメなら逃げましょう。逃げることは恥ずかしくありません、自分の気持ちに正直に行動したのならそれは正しい選択だと私は思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

介護士の仕事
黒澤春

ライブドアブログ2年を経てワードプレスへお引越ししてきました。無料ブログで稼いだ10万円を手にせっせかと執筆活動とYouTubeに勤しんでいます。

黒澤春をフォローする
シェアする
黒澤春をフォローする
halblog