無職(ニート)でも介護職は受かりやすい【誰でもなれる仕事です】

スポンサーリンク
介護士の仕事

こんにちは、黒澤春です。

デイサービス、グループホーム、老人保健施設、特別養護老人ホームでの勤務経験があります。実務経験でいうと通算5年介護従事者として働いておりました。

今回は無職(ニート)の方で介護職をやってみたいと考えている方に有益な情報をお伝えしたいと思います。

無職から介護を目指している人に介護の仕事はオススメです。理由としては…

  • 職歴のない無職の無資格、未経験でも採用されやすい
  • 経験を積んで資格取得を目指せる
  • 正社員への道が開ける

このようなメリットがあります。

例え介護職に就職出来て合わないと感じても、職歴を作る事も出来ますし、介護の仕事は世間体も良いので一般職への転職でも有利になります。

今は介護職の人手不足も深刻のため人材サービスがかなり活発化しています。

無職やニートに限らず資格支援制度やマッサージの補助費用の出る美味しい求人サイト(転職エージェント)が存在します。



ウェルクルーエージェントの登録はこちらから

なので、一生介護士で働くとか重い気持ちにならずに、気軽に本記事を参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

介護の仕事は?ざっくり説明

排泄介助

要するに「うんち」「おしっこ」など用足しの際のお手伝いです。

排泄物を扱うので、利用者様の羞恥心に関わる重要な業務のため、声掛けや、気配りなど細かい配慮が必要です。

介護の3Kと言われているものの一つで抵抗がある人もいるとは思いますが、仕事をしていると慣れますし、デイなど元気な方がいる施設だと自分で用を足される高齢者がほとんどです。

移乗介助・付き添い介助

車椅子からベッド、椅子、トイレなどへ介助者が抱えたり、誘導するお仕事です。

自分ではうまく立てない、足腰が弱くなった方へのお手伝いです。歩行器を利用している方は付き添い、何とか歩ける方は手引き歩行の援助をします。

高齢者の方は骨が弱くなっており、女性の方は骨粗しょう症で骨折のリスクが高いので、きちんとその方の身体状況に合わせた介助が必要です。

食事介助

ご自身で水分、ご飯やおやつなどを食べれない方のお手伝いをするお仕事です。

食事を飲み込む力(嚥下力)が弱くなっている人も多いので喉詰まりやせき込みなどに注意が必要です。

食べる前に姿勢を直したり、頬のマッサージをしたりもします。

食事前後の薬を飲んでいただく投薬介助や、歯磨きといった口腔ケアもといった業務も大まかに言えば食事介助です。

入浴介助

お風呂に入る際に服を着たり脱いだりする手伝いや、体や頭を洗ったりするお仕事です。

入浴の際に使うお風呂用の車椅子に移って頂いたり、移乗介助が必要だったりとワンステップ次の介助になります。

トイレと同じく同性介助を心掛けたりとデリケートなお手伝いで、尚且つ裸になるためちょっとした事で肌に傷ができる危険もあります。

又、入浴中は溺れたりするかもしれないので絶対に見守りをしましょう。

資格や職歴、手に職が欲しい人には打って付け

一番に伝えたいことは介護は誰にでもなれる仕事です。

ですが、人様相手の商売ですし、チームワークが重要な仕事なので人間関係の面で苦労することもあります。

しかし、施設形態によっては働きやすい施設はあります。

それは要介護度の低い利用者(高齢者)様が利用される施設です。

介護が未経験の方のおすすめの施設形態

基本的に未経験の方は介護技術が必要になってくる特別養護老人ホームより要介護度が低い、比較的元気な高齢者さんが利用されるところを選んでいきましょう。

※要介護度は噛み砕いて説明すると介護が必要な人のレベルみたいなものです。

具体的には以下の通りです。

  • デイサービス(通所介護)
  • グループホーム(認知症対応型共同生活介護)
  • サ高住(サービス付き高齢者住宅)

最初はこのような施設で慣れてから給料が比較的高い「特別養護老人ホーム」や「老人保健施設」などに転職するのも有でしょう。

デイサービスとは?日帰りの介護サービス

デイサービスとは具体的に日帰りの介護サービスです。

デイサービス(通所介護)とは、デイサービスセンターや特別養護老人ホーム等の福祉施設に日帰りで通い、お食事やご入浴、レクリエーション、機能訓練等を受けられる介護サービスです。 お客様の社会的孤立感の解消や心身の機能の維持、ご家族の介護負担の軽減等を主な目的としています。 … ご利用の対象者は、要介護1~5の方です。

引用元:デイサービス(通所介護)の探し方・ご利用するまでの流れ

私はデイサービスで2年の実務経験がありますが、車椅子を利用されている方もいますが、自立歩行をされている元気な方が多いです。

主な仕事は送迎から始まり、トイレ、入浴介助や食事の準備や介助、レクリエーションといった感じです。

デイは介助が少ないため身体的な負担や精神的な負担はほぼないです。さらにレクリエーションは高齢者の方と「百人一首」や「将棋」「カラオケ」を楽しむので仕事は滅茶苦茶楽です。

歩行が不安定な方へ対しては付き添い介助を行います。車椅子の方だと移乗介助やズボンなどの着脱の介助もあります。

気になる人間関係ですが、元気な利用者様が多いこともあって良好な施設は多いです。

後、休日ですが日曜休日と平日休みの週休2日制の事業所が多いですね。

POINT注意なのは、送迎もあるため普通免許必須な事業所もありますので、頭に入れておきましょう。

グループホームとは?少人数の入居型施設

グループホームは入居型の住宅型介護施設です。

グループホームとは グループホームは、認知症高齢者が介護や支援などを受けながら、できるだけ家庭に近い環境で共同生活を送ることができる認知症対応型の施設のことです。 … 入居後は、入居者ができる範囲で役割を持って家事を分担し、自分自身で食事・清掃・入浴などが行えるよう、介護職員が自立をサポートします。

引用元:グループホーム |老人ホーム検索【探しっくす】

私はグループホームでの勤務は約半年と短いですが、入浴介助や夜勤業務もやっておりました。認知症対応型という事もあり、介助の量はデイよりは多いです。

入居型ということもあり、24時間利用者様の生活のお手伝いをするので変則勤務の施設が多いです。施設によっては夜勤の時間が長く、シフトも激務な事業所があるので求人はしっかりチェックしましょう。

勤務時間は主に2交代制と3交代制があります。

2交代制のポピュラーな勤務時間は以下の通りです

  • 日勤は9時から18時
  • 夜勤は16時から明日の9時

私の勤めていたグループホームは二交代制で20時から9時と勤務時間は短く、夜勤手当も他の施設と遜色なかったです。

3交代制のポピュラーな勤務時間は以下の通りです

  • 早番は7時から16時
  • 遅番は11時から20時
  • 夜勤は22時から明日の7時

3交代制の夜勤は、労働時間が短いのが特徴です。

ですが、デメリットとして夜勤明けがないので生活リズムが崩れる人はいます。

私としては二交代制で夜勤の時間が短い事業所をオススメします。

日中のお仕事はデイサービスと同じような業務です。

ただし、入居型なので爪切りや散髪(出張の理容室がきます)など、自宅での生活と同じように安心して楽しく過ごして頂けるように援助する場面もあります。

夜勤の仕事は以下の通りです

  • 夕食の食事介助(夕食介助)
  • 就寝のお手伝い(就寝介助)
  • 深夜の定時巡回
  • 必要に応じてトイレのお手伝い、オムツ交換
  • ナースコール対応
  • 起床のお手伝い(起床介助)
  • 朝食の食事介助(朝食介助)

POINT施設によっては朝食の準備で用意する必要もあります。

サ高住とは?必要に応じて介助を提供するサービス

サ高住は必要に応じて入居者の介護を行う賃貸型の高齢者住宅です。

「サービス付き高齢者向け住宅」は、2011年10月に「高齢者住まい法」が改正され誕生した、高齢者が安心して暮らしていけるようなサービスを提供するバリアフリー構造の賃貸住宅です。 「サ高住」や「サ付住宅」とも呼ばれています。 高齢者向けの賃貸住宅に『安否確認』や『生活相談』というサービスがついています。

引用元:サービス付き高齢者向け住宅とは?

私はサ高住の実務経験はありませんが、知人で働いてる方がいらっしゃいます。特養(特別養護老人ホーム)や老健(老人保健施設)での経験もあり、仕事の内容はかなり楽と言っておりました。

サービス付き高齢者向け住宅の種類は2種類存在します。

  • 一般型
  • 介護型

一般型のサ高住宅は、高齢者が日常生活において不安を覚える際に利用されます。要介護度でいうと軽度な方に対して向いており、介護サービスは必要になった場合は訪問介護などを利用する形になります。

一部のサ高住では厚生労働省の定める「特定施設」の指定を受けている介護型の施設は介護処遇改善手当も出ます。ここでは介護が必要になった場合は施設内で勤務する介護員などから介護サービスや生活支援をする運営スタイルです。

POINT

グループホームなどの入居型と同じような業務ですが、必要に応じて介護をしていくので以外と業務量は少な目というメリットがあります。

介護職でキャリアアップをするには

介護職で役職を目指すには資格は必須になります。

ちょっと前までホームヘルパーと言われていた資格ですね。今は介護職員初任者研修と呼ばれていますが、この資格がある事で介護士として第一段階ステップアップします。

この介護職員初任者研修は3ヶ月程度で取得が可能でもっともとりやすい資格で、介護士の登竜門ですね。

では、主にどのような資格があるのか見ていきましょう。

  1. 介護職員初任者研修
  2. 介護福祉士(要実務経験3年)
  3. 介護支援専門員、俗に言うケアマネジャー(要実務経験5年)
  4. 主任介護専門員(要ケアマネージャー実務経験5年)
  5. 社会福祉士(資格取得は学歴や実務経験によって変動)

初任者研修の次は介護福祉士(以下、介福)、その次がケアマネージャー(以下、ケアマネ)といった形ですね。主任ケアマネまで取得すればキャリアもある程度積んでいると思いますし、役職に就ける可能性が高いです。

他にも公務員を狙って社会福祉士を取得するルートもあります。

ケアマネだと応募資格に該当しない可能性が高く、給与にも限界があります。しかし、社会福祉士(以下、社福)は地方公務員枠があります。

民間の社会福祉法人や医療法人、株式会社と違い超厚待遇ですので将来は安泰ですね。

無職(ニート)が介護をするにあたって注意すべきこと

一般常識が出来ていれば問題ないです。遅刻や無断欠勤もしないで、出勤していれば大丈夫です。人手不足な業界なのでいるだけで喜ばれますよ。

後は自分の希望にあった施設を見つけることです。

  • 希望年収
  • 雇用形態(正社員か契約か等)
  • 勤務時間
  • 年間休日や希望の曜日

高い給料が欲しいのであれば要介護度が高い「特養」や「老健」がオススメですが、仕事は結構大変です。

正社員になりたのであれば、介護福祉士は必須です。夜勤や交代制の勤務が嫌であれば、デイサービスが良いでしょう。日曜休みの事業所も多いので、プライベートも充実すると思います。

本当に厚待遇の介護の仕事を望むのであれば労働しながら社福を取って地方公務員でしょう。

職員を大事にする施設に就職する

人間関係も大事ですが、職員を大切にする施設もとても居心地も良いですし働きやすいです。

  • 経営理念が守れている
  • 適切な人員配置がされている
  • 処遇改善の条件を満たしているか

上記のような施設だと、利用者様への良い介護サービスが提供できます。要するに良い仕事が出来るので働きやすいという訳です。

業務が回らないと利用者様に迷惑もかかりますし、何より自分が苦しく辛い思いをすると思います。

事故が起きたりした際の責任を自分が負うリスクも懸念されます。

介護士として働く以上、ボランティアではなく立派な仕事です。

人材を使い倒すような施設は避けましょう。

具体的には以下の通りです

  • 介護ハラスメント(利用者からの暴力やセクハラ)を容認している施設
  • パワハラやイジメや、意地悪が横行している
  • 時間外手当が出ない

利用者からの暴力が当たり前な施設だと正直心が病みます。自分がケガを負っても労災なんておりません。

他にも喚き散らして他の利用者に不快な思いをさせる人がいるのも問題です。TVで報道される虐待のニュースもこういった状況が招いた結果だと考えています。

精神病棟いきの高齢者を平気で受け入れしている施設は他の利用者も殺気立ってイライラしています。職員も例外ではありません。

イジメや意地悪が当たり前な施設もヤバいです。私の知っている施設では職員が次々辞めていき、一人の職員は早番遅番勤務の長時間労働を強いられています。

時間外の賃金の出ない事業所なんてもっての外です。

問題なのは入社してしまった後だとしんどいですよね…ようやく重い腰を上げて介護士になったのに転職するハメになるのは精神的にも辛いです。

未然に防ぐためにも慎重に施設選びをしましょう。

POINT

職場の雰囲気を知るためにも、求人に応募する前に一度施設見学をするのもオススメです。

就職を失敗しないためには?転職エージェントを利用しよう

ハローワークの求人は避けて未経験でも資格支援制度のある転職エージェント(求人サイト)を利用しましょう。

求人サイトはブラック施設を徹底排除した優良なものばかりです。ハロワにダメな求人が集まる理由として、企業は無料で求人を掲載できるからです。

反対に求人サイトは企業がお金を払って人材確保しているので、人材育成にも力を入れているので職員を大切にしてくれます

無職未経験にオススメの転職エージェントをまとめてみました。

  • 無料登録で利用できる
  • 資格取得の支援制度がある
  • 非公開求人(ホワイト施設)多数
  • 履歴書や面接のサポート
  • 就職後も労務相談ができる

介護の仕事をしながらキャリアアップが出来るのが最大の強みです。

ウェルクルーエージェント



充実アフターフォローの介護転職支援サービス【ウェルクルーエージェント】

ウェルクルーエージェントは介護業界初の福利厚生付き転職支援サービスとなっております。さらに無資格者も募っているので、職歴を作りたい人や無職期間の長いニートの方など、介護未経験者にもおすすめです。

  • 無資格で働きながら資格を取得したい方
  • 資格取得用教材の購入費補助
  • 資格取得お祝い金の贈呈

ウェルクルーエージェントは比較的新しい求人サイトだからこそ、旧時代の転職エージェントのメリットを取り入れた新時代の求人サイトと言えるでしょう。

  • 会員限定の非公開求人が多数
  • 履歴書や面接のサポートが充実
  • 入職後の職業相談などのアフターサービス

特に入職後のアフターフォローに関しては他の転職エージェントより頭一つ抜きんでております。

  • 入社後のサポート入職後の労務相談
  • マッサージ代の補助
  • 子育費用の補助

マッサージ補助は他のサービスにない珍しい制度です。頑張ってる介護士にとって、身体ケアはとても大事です。マッサージは純粋に気持ちいいですし、腰部への負担も軽減されますね。普通に施術するとなると結構なお金が掛かりますが、補助があるおかげで気軽に利用できるのは大変ありがたいです。

ウェルクルーエージェントの登録はこちらから

かいご畑



かいご畑の特色として、介護未経験の方でも働きながら資格を取れるというとこですね!

さらに、国内の派遣会社で0.2%しか選ばれていない「優良派遣事業者」に選出されており、安心出来るサイトの一角ですね、評判、クチコミ共に非常に高いです。

・デメリットとして全国対応ではありません…

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、北海道、宮城県、岡山県、山梨県

引用元:かいご畑

かいご畑」の一番の魅力は介護士志望の未経験者へ対しての資格支援サポートです!

さらに短時間や高時給で効率よく働きたい主婦(主夫)の方にもありがたい、雇用形態の求人も多数掲載されております。

さらにかいご畑」の魅力として「介護派遣会社」としてもかなり評判の高いのも魅力の一つです。

高時給で福利厚生もよく、こちらは就業までのサポートになりますがかなり手厚くなっております。

実績として全国の派遣会社で極少数しか選出されない優良派遣事業者に選出されています。

「介護初心者の方」と「対象地域に合致する方」であれば是非とも登録しておきたい転職サイトでございます。

ちなみに求人の情報収集のためだけの利用も推奨されているので、気軽に使用出来るのもポイントが高いですね。

かいご畑の登録はこちらから

派遣で仕事をしながら施設選びもおすすめ

就職したは良いけど、仕事が合わなかった…人間関係が自分に合わないなどの理由ですぐに退職しては職歴が短くなってします。

紹介型の派遣で働けば、半年間で仕事内容や派遣先の仕事場が自分に合ってるかを見極める事が出来ます。

将来的に正社員登用をご所望の方にオススメです。

紹介型介護派遣の契約期間は最長で半年(6ヶ月)となっており、期間中に働いてる職場の人間関係や雰囲気を知る事が出来ます。

なので、もし自分に合わないと判断した際にはそこで就職する事を回避出来るというメリットがあります。

さらにその施設が合わなくていくのを辞めても雇用先は派遣会社なので職歴は傷つきません。詳しくは下記の関連記を参考にしてみてください。

介護派遣のメリット・デメリット【それぞれの特徴や実態まとめ】
こんにちは、黒澤春です。 最近では終身雇用制度の崩壊と共に、自由な生き方が求められる時代になってきました。 正社員で働いていても報われず、役職に付けばサービス残業の嵐… そんな事もあり、最近では敢えて正社員では無く、介護派...

最後に

無職期間の長いニートでも介護士で正社員にはなれます。

又、介護の資格は段階ごとに色々と設けられているため、資格を取得する事で役職につきやすいメリットもあります。

介護業界は年間休日も120日の事業所が多いので、介護以外の異業種に転職する下準備もできるかと思います。

向いてる向いてないは実際に働いてみないと分かりません。人によっては天職にも成り得ます。

楽な施設の夜勤だとトイレ介助やオムツ交換すらない事業所もあります。私のいたグループホームでは朝の朝食準備と1名の介助のみで、ほとんどスマホいじったり、漫画読んで終わり!でした。

ですが、給料は特養と比べるとやはり見劣りはしまいたね。

お金を選ぶなら特養と老健にいくのも良いでしょう。私はどちらとも経験しておりますが、介護技術は磨かれました。

まずは転職エージェントに無料登録して第一歩を踏みましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。