介護職はサービス残業が当たり前?残業代がつかないケース6選

スポンサーリンク
介護士の仕事

こんにちは、黒澤春です。

今回は介護職のサービス残業が当たり前になっている現状や、残業代がつかないケースについての記事になっております。

介護福祉士としての実務経験が5年以上ある私も実際にサービス残業の問題にはかなり悩まされていました。

私に限らず、同僚の人たちも「さすがに参るよね」と本音を漏らす介護職員さんも珍しくありません。

介護の現場ではどのようなサービス残業が行われているのか?

実際に私の経験を踏まえて話を進めていきます。

YouTube動画で視聴、ラジオ感覚で聞きたい人は下記動画を再生されながら記事をお楽しみ下さい。

介護職はサービス残業が当たり前!?残業代がつかないケース6選!
スポンサーリンク

6割以上の介護士はサービス残業を行っている

全労連介護・ヘルパーネットが介護施設で働く7,000人を対象に行った調査では、「1ヵ月間のサービス残業はどのくらいあったか」との質問に対して、「ない」との回答は全体の38.9%のみ。実に6割以上の介護職員が無償残業を行っていたことが判明しました。

引用元:介護職員の6割が無給で残業!「残業規制」開始で介護業界で横行するサービス残業は防げるのか?

介護の現場では約半数以上の介護士がサービス残業に悩まされております。

働き方改革で残業に対する意識が強くなっている中、介護業界では依然としてサービス残業は日常化しております。

残業代のつかないサービス残業の主なケースまとめ

申し送りの引継ぎによるサービス残業

出勤、退勤時には介護業務では申し送りを必ず行わなければなりません。

出勤者は出勤時間のい20分前には現場に入り、前任者からの申し送りを受ける態勢を整えておかなくてはいけません。

申し送りも立派な仕事の一つなので当然、早出残業代などで賃金が支払う必要があると言えるでしょう。

さらに前任者も同じく勤務時間を超過し、申し送りをするケースが多く、この場合も当然ながら賃金は発生せずサービス残業扱いとなります。

業務中に終わらない介護日誌やケア記録

人手不足が慢性化している職場では業務中に介護日誌やケア記録が終わらないといったケースは増えてきています。

パートさんが休まれた日はまさに火の車です。

その分、仕事は過酷さを強いられるばかりか記録を書くために終業後もパソコンと睨めっこです。

勿論、賃金が支給される事も無いので当たり前のようにサービス残業となります。

業務中に終わらない事故報告書で終業後も居残り

ただでさえ日々の業務が忙しいのに事故が起きた日には最悪です。

利用者様の状態も心配ですが、夜勤の際だと、ご自身の体調にもどんどん負担が掛かっていきます。

事故報告書は役所に提出する正式な書類のため、しっかりと記入しないと再提出を求められるので、かなり具体的に書かなくてはいけません。

事故の起きた時間やバイタル(血圧)を測定した時間、看護師に連絡した時間など兎に角細かいです。

なので、事故が起きた日には一時間はサービス残業は確定だと考えるのが妥当でしょう。

介護施設で行われるイベントの準備・作品作り

介護施設のイベント行事での物作りでのサービス残業問題です。

神輿(みこし)等、凝った作品を作成するとなると、利用者様と協力して作る訳にもいかないので、殆どが職員が作りこまなくてはいけません。

イベント委員会といった委員会が主体となって動きますが、当然会議中の一時間では時間が足りないため、自然と残業時間が増えます。

行事も仕事の一つなのにも関わらず、一定時間を過ぎると残業代が出ないなんて事は日常茶飯事です。

むしろ出るだけマシなレベルといって良いでしょう。

介護業界の勉強会は時間外のサービス残業

一般職であれば社内研修といった形で賃金が支払われますが、介護業界は勉強会と称して残業代は支給されません。

これは殆どの介護施設が該当していると思われます。

半強制にも関わらず「多くの介護職員が参加しました」と、美談じみた事をネットで公開している介護施設も耳にします。

元一般職の主任の私から言わせて貰えば、これは「ゆるパワハラ」ですね。

こんなやり方で職員のモチベーションやスキルアップに繋がるとは到底思えないです。

仕事に対して熱意を持って貰ったり、組織の士気を高めるには「対価」を支払うべきだと私は主張します。

稀ですが休日出勤の会議がサービス残業のケースも…

唯一、私の経験した介護施設(老人保健施設)で、何故か休日の会議参加は時間外がつかないといったケースが御座いました。

日勤者の業務後は残業代として支給されるのに、何だかおかしな話ですよね。

そこの事業所は契約社員だったということもあり、約半年でさっさと退職しました。

ハローワークで適当に決めた昔の自分が愚かだったと今でも後悔しております。

きちんと転職エージェントを利用すればこんな結末にならずに済んだのに、という思いで一杯です。

サービス残業を回避するには転職するしかない理由

サービス残業を回避する方法は、残念ですが今のところは転職する以外の方法はありません。

理由としては以下の通りです。

  • 施設の運営方針はまず変わらない
  • 職員に負担が掛かるシフト(人員配置)
  • 現場の介護職員は変化を嫌う
  • 事業所や施設全体がサービス残業を美徳と感じている

施設の運営方針によって日勤業務や夜勤といった全ての業務を最低限の人員で回そうとしている施設に未来はありません。

ましてや、若手が少ない介護施設では「昔からのやり方」に拘り、変化を嫌います。

新人介護士さんや有能な介護士の最適案なんか目にも留めてくれません。

そうした職場は昔ながらの考えの方が多いため「サービス残業を美徳」と捉えている勘違いな介護職員も多いので要注意です。

頭の良い賢い介護士さんはそこを理解して早々に転職されます。

サービス残業の無い介護施設を探すなら転職エージェント

サービス残業の無い施設を探すなら介護転職エージェントがオススメです。

6割の介護士がサービス残業を強いられている中、実際には残りの4割の介護士はサービス残業の無い環境で楽しく介護のお仕事をされています。

転職エージェントでは、求職者の希望条件に合った施設を熱心に探してくれます。

彼らも人材紹介サービスとしてビジネス(仕事)でやっているため、成るべく長く入職した施設で働いて貰わないと、求職者、施設側からの評価も下がりますから必死でサポートしてくれます。

今回は介護福祉士の私が自信を持って紹介出来る転職エージェントをご紹介致します。

詳しくは下記リンクより

転職で失敗しない本当に役立つおすすめの介護転職エージェント
介護転職エージェントと呼ばれている本当に役立つ転職エージェントのまとめ記事です。ブラック施設で消耗している方は、オススメの人気非公開求人多数なので登録して、失敗しない転職をしましょう。

最後に

いかがでしたか?

あなたがサービス残業で日々悶々と過ごされているのであれば、一度職場環境と働いている法人・会社を見直してみる事をオススメします。

チャンスを掴むには待ってるだけでは決して訪れません。

あなたがその一歩を踏み出す事で4割のサービス残業の無い介護施設で働けるように前進しましょう。

そこに居続ける限り最高な明日はやってきませんよ。

本日も最後まで読んで頂きありがとう御座います。

介護士の仕事
黒澤春

ライブドアブログ2年を経てワードプレスへお引越ししてきました。無料ブログで稼いだ10万円を手にせっせかと執筆活動とYouTubeに勤しんでいます。

黒澤春をフォローする
シェアする
黒澤春をフォローする
halblog