【介護士】給料が安く貧乏だと不幸になり頭が悪くなる【IQ低下】

スポンサーリンク
介護士の仕事

こんにちは、黒澤春(@harukurosawa )です。

先日とある気になる記事が気になり、YouTubeに動画をアップをし、ツイートをしました。

貧乏だと認知力とIQが低下します

 

・お金への心配事

・悩みが増える

・脳の処理能力がそこに使われる

 

転職したり役職を目指して経済状況の改善を図りましょう!

 

貧乏人の母子家庭育ちの私も、金銭的な面で苦労しました…

 

環境を変えるのが一番の近道です!

参考元の記事はこちらです。

問題のある介護職員が多いのは薄給も原因の一つなのでしょうか。

やはり良い施設に転職して、心身や財布が豊かになる事が、科学的に実証されたと言っても過言では無いでしょう。

良い施設は人間関係が良好な傾向にあり「貧乏」が頭を悪くするという事は人格にも影響を及ぼすと私は考えます。

スポンサーリンク

真の貧乏の定義とは

「生活が苦しいくらいお金の無いの人」というのは大前提で話を進めていきたいと思います。

貧乏の定義として個人的に他者比較した際に劣等感を抱いた時の感情だと思います。

例えば、原始人の時代にお金の概念が余りない時代と仮定しましょう。

想像すれば分かるかと思いますが、他者との比較して「お金」が無いという悩みの種がありません。

さらに、その事によって人々の幸福度が均一に近い状態になります。

それに起因し現代の日本の例え話だと「あの子は任天堂スイッチを持ってるけど、うちは持っていない」という、

このように、現代の日本では貧乏に特に敏感になっているように感じます。

なので、お金に執着して他者比較し、少しでも劣等感を抱くのが真の貧乏です。

ですが、余りにも収入が少ないのは論外なので、本記事を読んで貧乏から抜け出しましょう。

心配事の絶えない貧乏な介護士3選

では、具体的に心配事の絶えない貧乏な介護士が置かれている状況を話していきたいと思います。

お金じゃなく精神論だ!と先ほど定説しましたが、実際問題「お金と仕事環境」が9割を占めています。

個人的にですが、転職を10回以上した介護福祉士の私が言うので信憑性は高いと思います。

お金があると無駄や悩みが軽減されるので、精神も自然と安定していきます。

将来性の無い介護施設に居る介護士は貧乏

将来性の無い介護施設で働いている介護士は貧乏マインドが根付いています。

深く掘り下げると「行きつく先はお金」です。

お金と言っても「ただ給料が安い」なんて貧乏の定義として当たり前なので少しだけ、掘り下げます。

ボーナスの無い介護士は貧乏

介護業界の平均的な賞与は2ヶ月くらいでしょう。

東証一部等の大手企業も2~2.5ヶ月と言われているので介護業界の賞与は意外と安くないんですよ。

月々の給料が一般職に比べ最底辺なくらい低水準だからこそ、ボーナスが無いことで介護士が貧乏になるのは明白です。

もしあなたが働いてる施設のボーナスが1ヶ月分といった低い額の介護士は貧乏なままです。

何年も非正規雇用の介護士は貧乏

【介護士】正社員になれない…非正規で使い倒す施設は辞めましょう

正社員登用制度あり、という謳い文句で人材を使い倒す施設には要注意です。

意外と知られていない介護施設の裏事情で、正社員枠があるという悪質な施設があります。

介護士で5年も非正規雇用で使い倒された、なんて事も珍しくありません。

明確な正社員登用制度の無い施設は将来性が無く、待遇が改善されません。

即ち、貧乏なままで不安なままの生活を強いられます。

基本給の安い介護士は死ぬまで貧乏

介護業界はサービス残業が多く、そもそもの基本給が安いと悲惨です。

ボーナスの額面は基本給で決まるため、入社時の基本給が低いとボーナスも雀の涙です。

夜勤手当や通勤手当、住宅手当をあてにするのも良いですが、まずは「基本給」から見直していきましょう。

退職金制度の無い介護士は老後も貧乏

老後2000万円が叫ばれているご時世に退職金が無い事業所に在職する価値はありません。

給料の少ない介護士が貯蓄するのは異業種より困難なため、少ない年金で細々と生活する絶望的な未来が待っています。

やっと楽しい老後が送れると思いきや、死ぬまで貧乏に悩まされあの世にいくことになるでしょう。

介護士が貧乏から抜け出す方法

貧乏から抜け出したい介護職は以下の事を考えましょう。

  • 固定費の見直しをする(節約)
  • バイトやブログ等の副業を始める
  • 同じ介護業界で厚待遇の施設へ転職
  • 成長している企業や稼げる異業種に転職

貧乏介護士は固定費の見直しをする(節約)

給与額が上がったとしても、生活水準が上がり貯蓄が出来ない人もいます。

なので、一概にお金持ちになったからといって散在していたら永遠に貧乏なままです。

まずは生活水準を下げる努力をしましょう。

一番手っ取り早く出来る貧乏脱出できますし、ハマると節約が楽しくなります。

貧乏介護士はブログやバイト等の副業を始める

副業を始めるのもオススメです。

私が以前働いていた施設に、他の事業所で夜勤のバイトをしている男性介護士さんがいらっしゃいました。

私自身の副業としてはこのブログで月5000円くらいのお小遣いを稼いでいます。

他にも普通にアルバイトしたりと、様々な選択肢があるので、下記の関連記事を参考にして見て下さい。

副業で稼ぎたい人にオススメする始めやすい副業まとめ
こんにちは、黒澤春です。 会社員の人で一度は副業をしたい!と考えた方もいるかと思います。 しかし、副業(ダブルワーク)をしたいけど職場にバレるの嫌ですよね。それに、どんな副業が良いのかいまいち分からないですよね。 本記事ではそ...

貧乏介護士は厚待遇の施設へ転職する

あなたの働いている施設の年収や年間休日が少ないのであれば転職一択です。

なぜなら、いくらあなたが頑張っても基盤は変わりません。

雇用契約書の内容があなたの市場価値です。

主任などの役職に就いても、他の介護施設の平社員と同じ給料とか悲しすぎませんか?

あなたの労働力とやりがいを搾取する施設はさっさと退職し転職しましょう。

貧乏から抜け出したのであればですが…

転職で失敗しない本当に役立つおすすめの介護転職エージェント
介護転職エージェントと呼ばれている本当に役立つ転職エージェントのまとめ記事です。ブラック施設で消耗している方は、オススメの人気非公開求人多数なので登録して、失敗しない転職をしましょう。

成長している企業や稼げる異業種に転職

営業職の給料明細公開動画!介護士の時より二倍以上www

ITやプログラミング、システムエンジニア(SE)や営業職といった成長産業で働きましょう。

介護職から異業種に行くことに難色を示す介護士も多いと思いますが全然OKです。

なぜなら、介護士の人手不足が深刻化しており「ブランク歓迎」の求人が多数存在します。

年齢制限のある厚待遇な異業種に転職するには若いうちにしか挑戦できません。

それに反して無資格者のニートや50代が採用されるのが介護業界です。

私の動画を見て頂ければ一目瞭然です。

業界によって給料水準は決まっています。

介護士がいち早く貧乏から脱出するには異業種が最適解だと思います。

介護士から異業種に挑戦する際に役立つ転職エージェント・サイト
こんにちは、黒澤春です。 今回は「元介護士の私が異業種に転職した際に利用したオススメの転職サイト」を軸とした記事になっております。 介護の仕事の将来が不安…給料が安いし他の仕事もしてみようかな? とお考えの方にオススメの記...

最後に

いかがでしたか?

貧乏介護士は頭が悪くなりIQが下がるという話でした。

本記事を読むことで具体的な解決策が見つかったかと思います。

もしも心当たりのある介護士は、今一度自分の置かれている状況を理解し、行動しましょう。

良い環境に身を置かない限り、永遠に「不安や悩み」に脳の処理機能が使われ続け不幸になります。

行動しない限り貧乏からは抜け出せませんし、大半の貧乏介護士は行動しないので貧乏なままです。

あなたはその「大半の貧乏介護士」にならないようにしましょう。

介護士の仕事
黒澤春

ライブドアブログ2年を経てワードプレスへお引越ししてきました。無料ブログで稼いだ10万円を手にせっせかと執筆活動とYouTubeに勤しんでいます。

黒澤春をフォローする
シェアする
黒澤春をフォローする
halblog