体調不良でも介護職が仕事を休めない理由と対処法【人手不足】

スポンサーリンク
介護士の仕事

こんにちは、黒澤春です。

今回は体調不良でも人手不足で仕事が休めない人介護士さんへのメッセージ記事です。

以前に勤めていた特別養護老人ホームの仕事は人手不足によるワンオペ勤務が当たり前でした。

体調不良で休むのなんてもっての外です。

この記事では、体調不良で休みたいけど休めない気持ちでいるあなたへ、私の体験談を踏まえて思いを伝えていきたいと思います。

スポンサーリンク

介護士が体調不良だけど休めない気持ちや本音

人手不足の人が陥りがちな思考は以下の通りです。

  • 仕事に穴を開けてしまうため会社の人に迷惑が掛かる
  • 人手不足のため休めない
  • ただ単に会社が休ませてくれない

当の私も上記の三つの理由のため仕事を休めず、熱発しながらも仕事をしていました。

正直、本当にしんどかったです。

今は考え方を改め、自分らしい働き方を実現する事が出来ています。

仕事に穴を開けてしまうと不安になる

あなたは仕事に穴を開けてしまうと言う重圧に耐えきれず体調不良のまま出勤するといった事が御座いませんか?

現に私の働いていた職場でも無理して出てきていた人もたくさんいました。

しかし、私やパートさんも含め仲の良かった同僚は皆施設を退職されました。

結局無理をすると自ら精神的に追い詰める結果となり、最悪な結末を迎えてしまいます。

無理がたたって退職してしまう方が職場の仲間に迷惑が掛かります。

体調不良で休むことは悪いことではありません。

あなた一人が欠員することでシフトが回らないのは、あなたの責任では無く勤め先の介護施設の責任です。

会社の同僚に迷惑が掛かる

チームで協力する仕事に関しては人が一人減る事でその日の勤務者に迷惑が掛かると感じ、休むと言えない方が多いです。

これに関しては、確かに私も他の勤務者が休んだら「あ、今日終わった」と絶望する事もしばしばありました。

確かに先ほども言いましたが「シフトがきつい施設側に問題がある」のは明白です。

ギリギリな人員配置をしている事業者の責任というか裁量の無さが伺えますが、そんな事言ってられないのが労働者です。

泣き寝入りしかないのが現状なのが辛いですね。

微熱等の軽い症状だと休みを言いにくい

微熱といっても症状は人それぞれで、凄くだるくて辛く感じる方もいらっしゃるかと思います。

ですが、微熱などのか症状だと休む電話をしにくい心理状況になります。

人によっては酷い立ちくらみが起こる方もいるので、一概には言えません。

しかしながら、微熱程度や熱発が無いと…

  • あいつは甘えている
  • 微熱程度で休むな

とかいう奴がいるんですよね…

言い出しにくい人の大半がこういった劣悪な労働環境に置かれています。私がそうでした笑

【結論】体調不良の際は無理せず休もう

結論から言いますが体調不良の際は無理せずに休みましょう。

私の場合風邪気味で頑張って悪化した事が八割です。

二割は一日で熱が治まったりした事もありましが、大体が高熱になりましたね。

又、なぜ体調不良の際は言い出しにくい気持ちを抑えて休みの申し出をした方が良いのか説明します。

当たり前で基本的なことですが、今一度再確認してください。

職場の仲間に未然にウィルスを移さないために休む

無理して働く事で損するのは自分ですし、最悪回りに移りまくって職場が全体に風邪が蔓延する可能性もあります。

風邪による体調不良で出勤する事で、他の職員に風邪やインフルエンザウィルスや「コロナウィルス」と」いった流行り病の可能性も捨てきれません。

素直に休むましょう。

利用さんに感染するリスク

コロナや風邪菌は若年の人にとって致死率は高くないものの、高齢者の方が感染する事により、肺炎などの合併症で死亡するリスクも懸念されます。

さらに集団生活の場ということもあり、クラスターの発生にも繋がりかねません。

間接的に高齢者をあやめてしまう危険性を考慮すると病院に直行するのが正しい答えだと私は思います。

休みたい時に休める環境に身を置こう

私の以前に勤めていたホワイト施設では、きちんと社員に対して体調不良の際に休みをくれてました。

体調悪い時は休んでも環境が整った事業所だと居ればきちんと休みが頂けます。

環境が良いホワイト施設は職員の離職率も低く、人手が足りていたというのも大きいですね。

なぜブラック施設は体調不良でも休めないのか

目先の労働力しか見ていないブラック施設は体調不良でも出社を強要します。

休みたくても休めない人は根が真面目で優しい方が多く、その優しさに付け込まれやすいです。

休んだら職場に迷惑が掛かる…同僚の皆の仕事量が増える

ただでさえ体調不良で辛いのに、さらに休みたくて休めない事で悩まなければいけないのか?

本当に泣きたくなりますよね…

人手不足なのは会社のせいなのになぜ悩まなければいけないのか?

何処も人手不足で休めないのは分かりますが、余りにも残酷すぎると私は思います。

体調不良で休めないなら転職してみよう

体調不良で休めないのならいっその事転職してみましょう。

会社組織というものは一社員が頑張った所で、根本から変わる事はまず有り得ないので転職するのが一番です。

これは私が今まで転職10回以上した経験上間違いありません。

私たちは一労働者で決められた会社のルールに従って動くただの駒に過ぎないのです。

現に私の働いていた介護施設は新聞に載るくらいの過重労働が問題視されていましたが、改善する事はありませんでした。

体調不良以前の問題ですよね…笑

私は風邪や体調不良で休めない職場は、ブラック企業だと思うので居る価値は正直無いですし、魅力も感じません。

体調不良でも休める介護施設に出会うには?

体調不良でも休ませてもらえる仕事探すには、まず施設の運営状況も重要になってきます。

  • 年間休日が充実している
  • 職員の定着率が高い
  • 利用者と同じく職員も大切にしている
  • 手厚いシフトが組まれている

上記の条件に当てはまる施設は体調不良でも快く休ませてくれるでしょう。

理由としては職員の定着率が高く、シフトの厚い施設ですと欠員が出ても仕事が回らないという事も御座いません。

さらに職員が手厚いと体調不良者にとっても休みの申し出がしやすいと思います。

この四つの条件を満たしたホワイトな施設に出会うためには転職エージェントを利用する事です。

転職エージェントといわれる求人サイトは介護専門のアドバイザーがあなたの条件を聞き、応募先へ交渉してくれます。

定番では給料の交渉や施設見学のお願いなどですが、体調不良でも休めるのか?という要件で尋ねればOKです。

ここでは介護福祉士の私がオススメする転職エージェントを紹介していきます。

転職で失敗しない本当に役立つおすすめの介護転職エージェント
介護転職エージェントと呼ばれている本当に役立つ転職エージェントのまとめ記事です。ブラック施設で消耗している方は、オススメの人気非公開求人多数なので登録して、失敗しない転職をしましょう。

最後に

いかがでしたか?

体調が悪くても出勤せざるを得ない私の体験談を踏まえた記事でした。

休みたくても休めない職場で精神的に辛いのなら転職して環境を変えるのが一番の最適解だと思います。

体調不良で休めない仕事では幸せになれないと思います。

最悪、コロナなど病状が重いものだったら死ぬ可能性もありますからね…

あなたが人間らしい生活を送るためには無理せず休める環境に身を置くのが一番の解決策だと私は思います。

私みたいに転職エージェントを利用して転職を成功してる実例もありますのでチャンスはまだまだありますよ。

後は行動するかは自分次第です。

それでは本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

介護士の仕事
黒澤春

ライブドアブログ2年を経てワードプレスへお引越ししてきました。無料ブログで稼いだ10万円を手にせっせかと執筆活動とYouTubeに勤しんでいます。

黒澤春をフォローする
シェアする
黒澤春をフォローする
halblog