夜眠れない無職ニートの為の対処法まとめ10選

スポンサーリンク
無職・ニート

こんにちは、黒澤春(@harukurosawa )です。

今回は夜に寝れない、眠れない無職ニートの為の対処法のまとめ記事です。

まず無職の人が寝付けない理由は睡眠障害や将来への不安といった要因が考えられます。

  • 将来への不安
  • お金の不安
  • うつ病による睡眠障害
  • 気の緩みによる昼夜逆転

将来への不安や経済状況に悩んで「うつ病」や「自律神経の乱れ」によって眠れていない可能性が考えられます。

無職だと生活リズムが狂い、昼夜逆転するケースも珍しくありません。

私自身もうつ病になり、失業保険を最短ですぐにもらったは良いが、「眠れない」状況で苦しんでいたので本記事が参考になればと思います。

うつ病で退職したら失業保険が最短でもらえる【証明書必須】
こんにちは、黒澤春です。 今回は私が仕事でうつ病になった際に失業保険を最短ですぐに貰えた話をしていこうと思います。 仕事で心が病んでしまった方は是非とも参考にしてみて下さい。パワハラや残業で失業保険を貰うには証明が必要で中々難し...
スポンサーリンク

無職で眠れない原因

お金が無くなる(減っていく)恐怖心

不安になってしまう原因の大半は、やはり「お金」が尽きてしまう事だと思います。

無収入で不安な精神だと、思い詰める時間が増えます。

このままお金が無くなったらどうしようという深層心理が働き物事に集中出来なくなります。

本当に困った際には生活保護という制度が日本にはあるのですが、その選択を除外していまう故に精神は消耗していきます。

仕事が決まらない、次の仕事への懐疑心

未確定な将来への恐怖、具体的には「次の仕事が決まらないんじゃないか?」という思いが強いかと思います。

そして一番最悪なシナリオは焦って就職した先が「ブラック企業」だった時はマジで鬱になります。

また退社からの同じループに逆戻りしてしまうからです。

そういったブラック企業勤めだった方は次の就職活動に悪影響をおよぼします。

「また次の会社もブラック企業だったらどうしよう」といった心配や懸念ですね。

懐疑心が前進する力を奪いあなたの精神を蝕んでいる可能性があります。

うつ病の可能性

無職が夜に眠れない原因として精神障害の可能性が考えられます。

  • 自律神経失調症
  • 不安障害
  • 睡眠障害(不眠症)
  • うつ病、躁うつ病、抑うつ病

精神障害の厄介なところは本人が気づかないうちにじわじわと心身ともに蝕まれることです。

精神科に通うことに抵抗を覚える人も多く、野放しにしていたら病状が深刻化するケースもあります。

眠れない無職が寝れるようになる解決策

眠れないのが辛いなら精神科を受診しよう

うつ病に関しては、精神科を受診する事で病状は緩和すると思います。

先生に話を聞いてもらうだけでも精神的に楽にもなります。

専門のプロに相談する事で、解決策と病状を改善してくれる薬を処方してくれます。

実際に私はうつ病になり、ベンザリンという睡眠導入剤を処方され多少改善されました。

しかし、注意すべきなのは根底的な解決にはならないので、一時的なものと考えましょう。

先生も「環境が変われば良くなるよ」と助言してくれました。

実際に私は仕事に就くことで不眠は解消されました。

転職エージェントに登録して就活する

ハローワークで転職活動も良いですが、転職エージェントはベッドで寝ころびながら簡単に登録できます。

さらに求人サイトはハロワや地元求人誌に無い非公開求人というブラック企業を徹底排除した素晴らしいサービスです。

無職やフリーターからでも就職できるサポートも充実しているので、転職サイトと転職エージェントを併用することでホワイト企業に巡り合えるチャンスです。

下記記事にでは私が実際に無職から給料50万の営業職と出会えた転職エージェントを紹介します。

きっと眠れない無職の方に役立つと思います。

無職から就職できたおすすめする転職サイトと転職エージェント
こんにちは、黒澤春(クロハル)です。 転職経験が10回を越える転職のプロ(自称)のクロハルは転職経験を通じて、年収500万を20代で叩き出すことが出来ました。 数十社以上の求人サイトを利用し、中でも使いやすく役立ったサービスのみ...

眠れない無職は副業(ブログ等)を始めてみよう

ブログをやっていたら無職になっても凄い気が楽になりますよ。

 

趣味であり、お金も稼げるし、何より個人資産になるしかなりの安心材料になります。

 

不安で眠れないならライブドアブログ等でさくっと開設しちゃいましょう。

 

何てったって無料(タダ)ですからね。

 

リスク0で毎月小遣い貰えます(ウマウマ

不安の原因の一つである、お金の問題を少しでも解決する方法です。

最近では「YouTubeブーム」が稼げるとの事で参入者が絶えませんが、「収益化」までの道程はブログと違い滅茶苦茶「ハードモード」です。

又、顔出ししないと中々成功でいないというデメリットもありますしね…

その点、ブログは比較的早い段階で収益化出来ますし、コツを掴めば私みたいな偏差値39のバカ男でも5000円くらいのお金にはなります。

副業の収入は微々たる収入ですが0と1じゃ精神面でかなり違ってきます。

「無職で不安」な方は就職まで一歩踏み出せない精神状態だと思われます。

そんな時は軽い気持ちでブログを書いてみてはどうでしょうか?

無職の経験を発信したりすることで少ない収益と承認欲求を満たす事で精神的に多少は楽になります。

無職=不安に結びつけられますが、ハッキリ言って「まとまった時間」がある無職期間は人生逆転の最大のチャンスでもあります。

労働では限界がある分、個人資産にもなるブログに注力する事でもしかしたら「労働するより遥かに豊かになれるかもしれない」希望があります。

眠れない無職は体内時計を戻す

眠れない無職は体内時計を正常に戻す努力をしてみよう。

具体的な解決法として日光を浴びましょう。

日光を浴びることで脳が覚醒するセロトニンが分泌されます。

セロトニンが分泌されるのと同時に眠気を誘発するメラトニンの分泌が抑制されるのです。

体内時計はメラトニン(睡眠ホルモン)は睡眠の仕組みと深い関係にある重要なホルモンです。

体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があり、「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

朝、光を浴びると、脳にある体内時計の針が進み、体内時計がリセットされて活動状態に導かれます。また、体内時計からの信号で、メラトニンの分泌が止まります。メラトニンは目覚めてから14〜16時間ぐらい経過すると体内時計からの指令が出て再び分泌されます。 徐々にメラトニンの分泌が高まり、その作用で深部体温が低下して、休息に適した状態に導かれ眠気を感じるようになります。

引用元:武田薬品工業株式会社

朝はカーテンを開けて日光を浴びることがなぜ目覚めに良いか分かったかと思います。

朝に日光を浴びずにカーテンを閉め切った生活を送る事で自然と眠れなくなっていたのです。

就寝前はスマホやTVは見ない

就寝前ににスマホやTVの光を見続けることにより、メラトニンが活発化し眠れなくなります。

トイレに行き、歯を磨いてすっきりしたら、そのまま布団に直行しましょう。

Twitterやインスタ等のSNSは依存性が高いので適度に利用しましょう。

スマホは充電をし、敢えて電源を落とす事でスマホをいじらずに済むのでおすすめです。

眠れない時はホットミルクを飲む

トリプトファンは、睡眠に必要な栄養素です。

トリプトファンは感情を落ち着かせるために作用するアミノ酸の一種で牛乳などに多く含まれています。

一説によると「夜に摂れた牛乳にしか効果が薄い」という話もありますが、プラシーボ効果も期待できるので、飲まないよりマシといった所でしょうか。

他にも「カツオ」や「鮭」「マグロ」にも多く含まれています。

詳しくは是非ググって見て下さい。

お腹一杯ご飯を食べると眠くなるというのはこの事からかもしれませんね

コーヒー等のカフェインを摂取しない

就寝前のコーヒーや緑茶、エナジードリンクなど、カフェインの摂取は控えましょう。

カフェインには興奮作用があり、世界で最も広く認知さえている「精神刺激薬」です。

カフェインは飲んでから約1時間で作用し、3~4時間後には半分程度になります。

即ち、摂取しても完全に抜け切るまでかなりの時間を有することになります。

ストレッチをして睡眠の質を上げよう

就寝前にのストレッチをしましょう。

ストレッチは筋肉のコリを解し、和らげ血流の流れを良くしてくれます。

心身ともにリラックス出来ますし、具体的に以下の効果があります。

  1. 筋肉ならびに結合組織の柔軟性の改善
  2. 筋肉の緊張緩和
  3. 血流改善
  4. 神経機能の向上
  5. 筋萎縮の抑制

引用元:Wikipedia

認知症予防にもなりますし、良いこと尽くしですね。

筋トレと違って比較的簡単に始めやすいのでユーチューブチャンネルの無料動画を参考にしてみてはいかがでしょうか?

昼寝は控えましょう

昼夜逆転の悪循環は日中についつい寝てしまう事です。

襲ってくる睡魔に打ち勝つには中々厳しいですが、敢えてエナジードリンクなどを飲んで生活リズムを整えてみませんか?

昨今では昼寝が推進されていますが、ニートにとって昼寝は命取りです。

ただでさえ運動不足で不眠気味なので、眠気は夜まで取っておきましょう。

夜寝れても寝すぎは禁物です。又、繰り返します。

寝る時は成るべく「無」になり考えすぎないようにしよう

無職の人は体力が有り余っているため、将来やお金のこと、人間関係など考えてしまう余力があります。

私自身、ついつい考えすぎて寝れない事はしょっちゅうでした。

解決方法として上記の方法を試したり、ベッドに入ったら布団の中では「無」になりましょう。

考えすぎて無駄な悩みのスパイラルに陥るとストレスの原因になります。

考えない事を考えないようにボケっとした気持ちで就寝しましょう。

最後に

いかがでしたか?

色々紹介しましたが、環境を変えるのが一番早いです。

まずは精神科に受診し、いち早く就職するか独立して自分でお金を稼ぐのが改善の近道です。

あなたが「やりたい事が無い」と思っているならマインドマップを作って興味のあるものを箇条書きしてくのも良いかもしれませんね。

ちなみに画像で説明するとこんなんです↓

マインドマップについてですが、トニー・ブザン氏が作り上げた発想論です。

紙の中心にテーマを書き、そこから枝を作っていきます。

例えば「無職不安」だったらその理由は「お金が無い」というように紐解いていく感じです。

「お金が無い」を解決するには「働く」働くに当たって仕事をする→何の職種に就くか?何をやりたいか?とどんどん明確化させていきます。

やりたい仕事が見つかる他にも、これがキッカケで何かの趣味を見つけたりメリットばかりあるノート術です。

無職で暇ならチラシの裏にでも書いてみてはいかがでしょうか?

私は何だかんだ働くことであっさりと解消出来ました。

スキルが無い、無職期間が長いにニートで就職先が無いのであれば介護の仕事を始めて職歴を作るのも有りです。

無職(ニート)でも介護職は受かりやすい【誰でもなれる仕事です】
こんにちは、黒澤春です。 デイサービス、グループホーム、老人保健施設、特別養護老人ホームでの勤務経験があります。実務経験でいうと通算5年介護従事者として働いておりました。 今回は無職(ニート)の方で介護職をやってみたいと考えてい...

資格取得の支援制度など充実しておりますし、介護士をしていたという事実は異業種への転職の武器にもなるので、選択肢の一つとして頭に入れておきましょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。