介護士が一般職へ転職成功した役立つおすすめの転職エージェント

スポンサーリンク
転職サイト・転職エージェント

こんにちは、黒澤春です。

私は以前に賃金の低い介護士の仕事をしておりました。

今回は低年収の元介護士の私が異業種に転職した際に役立ったオススメの転職エージェント・サイトをご紹介します。

介護の仕事に限らず、将来が不安…給料が安いし休みも無いから他の仕事もしてみようかな?

とお考えの方は少なく無いと思います。

私の居た「福祉業界」は委員会活動によるサービス残業や、給料の安さ、きついワンオペ夜勤等の三交代制の不規則勤務で精神的に厳しいのが現状です。

社会貢献の高さからやりがいを求めて様々な人がこの業界に飛び込んできますが理想と現実の違いでリタイアする人も珍しくありません。

40歳の給与モデルを見て分かるように介護の仕事は悲しいことに底辺ワーストNO.1なんですよね…

介護の仕事は精神的にも肉体的にもハードですが、給料が伴っていない事の裏付けのツイートが話題になっています。

話は戻りますが

私が転職4回目で転職に成功したのはハローワークや地元求人誌を見るのを止めたからです。

転職回数を増やしたくない、転職で失敗せず成功したい方は必見の記事です。

是非、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

介護職からの異業種への転職について

結論から言うと、介護士から異業種に転職する事はとても簡単です!

やる気さえあれば誰でも転職出来ます。

初めて転職する人にとって「本当に私は介護以外の仕事が出来るのだろうか…」と不安になるかと思いますが、実際に私は介護業界からの転職に成功しています。

異業種に転職するに当たって注意すべき事は働いてる内に「自分が何をしたいか?」「自分の価値を知る事」が重要になってきます。

転職前にしたいこと

ただ何となくと言う理由で退職しても路頭に迷ってしまう危険性があります。

転職エージェントを利用したり、ミイダスと言ったサービスでどんな仕事があるのか知る事で自分のやりたい事を明確にするのも大事かと思います。

あなたの市場価値を見いだす転職アプリ【ミイダス】


転職すべきタイミングや自分の市場価値を知るのにオススメなミイダスで、まずは転職先に目星を付けるのも手です。

又、自分の価値を知ると言う側面が強いですが、無料登録後に企業からのオファーも届いたりと転職援助サービスでは、比較的取っ付き安いので取り敢えず登録だけでもかなり使えるサービスと言って良いでしょう。

ミイダスの登録はこちらから

企業の口コミが見れる有益なサービス【転職会議】

転職会議の面白い仕組みとして、日本の全ての企業の口コミが見れる事です。

中には口コミが投稿されていない企業もありますが、転職先がブラックかどうかの判断材料として使えるためかなり重宝いたします。

デメリットとして、この口コミ掲示板は無料登録ですが、あなたが勤めていた企業についての口コミを投稿する事で全ての口コミを観覧する事が出来ます。

登録して、口コミを投稿すると口コミのモザイクが解放され全ての投稿を見る事が出来るシステムです。

企業情報と自分の希望条件と照らし合わせながら就職先を探せるのでとても心強いです

転職会議の登録はこちらから

介護士から転職した人がオススメする職種について

この章では介護職から転職する際に転職先として人気のある、オススメの転職先を紹介していきたいと思います。

介護だから転職先が限られるなんて事は無く、様々な異業種が存在しますが、その中でも実際に私が転職した業種やネットで好評なものを厳選していきます。

  • 総務や事務職(特に医療事務)
  • コミュニケーション能力が活きる営業職
  • 飲食や販売等のサービス
  • 介護の資格を活かせるタクシー運転手(二種免許必須)
  • 違うホワイト施設での介護職

介護職からの転職先で人気の高い職種は上記の通りです。

なぜ上記の仕事が介護職からの転職先として人気があるのかざっくり説明していきたいと思います。

総務や事務職(特に医療事務)

女性が多い介護職の転職先と先として人気が高いのは事務職に転職する女性は非常に多いです。

特に老人保健施設は医療やリハビリとの連携が強いため、医療事務への志望動機としてかなりの強みを発揮します。

就職を有利に進めるためにも「簿記」や「医療事務の資格」を職業訓練校で取得するのも武器となります!

若ければ若い程、大手企業などの総務や事務職に転職出来るチャンスもあるので、数年の社会経験を経て転職される方が多数いらっしゃいます。

介護日誌をパソコンで作成している施設に勤めていた人はそのスキルを活かせれるので書類選考や面接でもアピールポイントとして使えます!

事務職の年収モデルですが、大手企業に比べ中小企業だと手取り12,3万の低い事業所もあるので、慎重に選んでいきましょう!

年収としては介護士と余り代わり映えの無い会社もありますが、暦通り休めるのはやっぱり魅力的ですね!

プライベートの時間も作りやすいため、家庭に入る事を考えるとかなりオススメの職業と言えるでしょう。

しかし、人気職のため枠も少なく倍率も高いため先程紹介した「簿記」等の資格取得をしていた方がライバルに差を付ける事が出来ます。

コミュニケーション能力が活きる営業職

介護職から保険レディー等の営業職への転職される女性も多く、男性は不動産やリホーム等の職種に写られる方も多いです。

そしてツイートでもある様に私は営業職の経験者です。

体験談ですが、滅茶苦茶良いです!

努力した分給料にインセンティブ(歩合給)が加算されるのでとてもやりがいのある仕事です!

そして、何よりお給料が

勿論、歩合制なので頑張らないと余りお金にならないので、介護職で養ったコミュニケーション力をフルに発揮していきましょう。

介護士をされていた方なら多少なりともコミュニケーション力は他職種より上手くいくはずです!

人と関わる仕事が好きな方であれば確実に数字を叩き出せるはずです!

バイヤーの仕事も営業と同じく品を安く仕入れたりする事で自分の粗利(給料)に繋がるので、おすすめの転職先です。

介護を経験で養われたコミュニケーション力をそのまま活かせる営業職やバイヤーは手っ取り早く稼ぎたい人には持ってこいの仕事です!

いきなり異業種の営業に行くのが不安な方は「介護用品」のレンタル営業職もあるので、そこでスキルアップして大手企業に転職するのもアリかと思います。

例えば、高齢者向けの商品やサービスを提供している企業などは、今までの仕事の経験を存分に活かせる環境です。
介護用品の営業が元介護士にオススメなのは、経験を通じて商品説明をスムーズに行える事です。

実際に働いていたが時にADL(日常生活動作)の向上やリハビリテーションで使用された事例や効果、利点等をご家族様や高齢者の方に説明できるかと思います。

又、法人営業もあるので、横の繋がりが強い介護用業界では型にハマれば意外とスムーズに成績を伸ばす事も難しくありません。

コミュニケーション力と真摯な対応でどんどん顧客の心を掴んでいきましょう!

まさに、介護の仕事を通じて身に付けた知識をそのまま活かせるれるので実務経験を積みたい方はまず「介護用品」の営業職も選択肢の一つに入れてみてはいかかでしょうか?

飲食や販売等のサービス

飲食や販売といったサービス職のオススメポイントは幹部候補の求人が掲載されているという点が魅力の一つです。

サービス業とひとくくりに言っても様々な仕事があります。

  • ホテルマン
  • スーパーやデパートの店員
  • 居酒屋の店員

介護職と同じくお客様と接する機会のが多く、こちらの業種も介護で養われたコミュニケーション力がとても役に立ちます。

ここで注意すべき点は、介護職と同じく人手不足で大変な職場に就職してしまう事です。

きちんと事前に目星を付けた企業が自分の望む条件とぴったり合致しているかリサーチしましょう!

幹部候補として転職した暁には厚待遇で介護より豊かやな生活が待っているかと思います。

介護の資格を活かせるタクシー運転手

給料が安いと思われがちなタクシードライバーですが、私の知人は顧客を掴み月に30~40万も稼いでるドライバーさんを知っています。

ヘルパーや介護福祉士を持っていれば「介護タクシー運転手」としても活躍出来るため、安定した給料を貰える事も可能です。

又、16時間勤務をして次の日にガッツリ休む働き方もできる為、夜勤で培われた忍耐力をそのまま活かすことも出来ます。

基本的に運転手系のお仕事は夜遅くまでの長時間勤務ですが、一人で行う仕事のためストレスが少なく、精神的にも楽だったりします。

介護職で送迎車の運転経験をされた人にとってタクシーは車体も小さめですし、運転スキルもそのまま活かせる事が出来ます。

タクシー運転手にオススメな人はドライブや旅行が好きな人です。

地元の地理に詳しい運転好きな人にとってタクシードライバーは天職になる事間違いなしです。

骨折の危険性が高い高齢者の方を送迎する際に磨かれた安全運転の技術が役に立ちます。

肉体的に大変ですが、うまく仕事をこなせば大手サラリーマンより稼げたりする事もあるそうです…!

さらにチップも貰えるのがタクシー業界の魅力の一つですね!

POINTここで覚えておきたいのはタクシー運転手には「普通二種免許」が必要なので、普通免許ではタクシー運転手になれないので注意です!

違うホワイト施設での介護職

そもそも介護職から転職する理由はたくさんあります。

私が実際に介護士をしていた際に懸念していた点を下記にまとめて見ました↓

  • 人間関係
  • 低賃金
  • 人手不足による過重労働

この三点が大きな要因だと思われます。

真相心理では「本当は介護が嫌いでは無いけど生活だったり精神的にきつい」といった理由で転職を考える方もいらっしゃるかと思います。

なら、違う施設で働いちゃえば良いんですよ。

介護職は準社員や契約社員の求人がとても多いため、将来が不安なので正社員として働きたい方も多いと思います。

アルバイトや派遣の介護士として働いていたが将来のことを考え正社員として生きたい…でも求人が無い…

そういった際は転職サイトを利用してホワイト企業へ正社員として転職する事を目標にしましょう!

現に私は以前に準社員や契約社員雇用でしか介護の仕事をした事がありませんでしたが、転職サイトを利用して一発正社員として受かる事が出来ました。

転職する事で母体がしっかりした法人や企業に勤める事で絶大な安心感を得る事が出来ます。

又、正社員雇用だとやりがいも増え、不安無く楽しく仕事をする事が出来るでしょう!

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を取得する事を視野に入れるのであれば、夜勤手当てが無くてもしっかりお給料を貰える事業所を選ぶ事も重要なポイントです。

失敗しない転職をするために求人サイトを利用し、転職エージェントとしっかり相談して良い施設を斡旋して貰いましょう!

介護は高齢者施設だけでなく、障害者施設等でも介護の資格は活かせるので、違った介護の分野に勤めてみるのも良いかもしれませんね。

転職で失敗しない本当に役立つおすすめの介護転職エージェント
介護転職エージェントと呼ばれている本当に役立つ転職エージェントのまとめ記事です。ブラック施設で消耗している方は、オススメの人気非公開求人多数なので登録して、失敗しない転職をしましょう。

転職サイトで成功した元介護士が事前に注意すべき点を説明

結論から言いますが「介護の仕事を辞めたい」思ったらすでに転職するターニングポイントだと思ってください。

その時点であなたにとって限界が近い状態です。

掘り下げると20代から35歳までは、転職する際にかなり有利になってきます。

当然ですが転職の適齢期が過ぎれば必然的に他職種への転職の成功率は低くなり、転職が困難になります。

いつの時代も若さは最大の武器で有り希少価値が高いです。

なぜなら頭の固い年配の人より柔軟性が高く、伸び代もあるためです。

長く職場で活躍出来るという最大の魅力(メリット)もあるので、実務経験が無くても採用されるケースが比較的高いです。

30代~50代の方でも、職種によっては簡単に転職出来るのでご安心下さい。

事務系はきついかもしれませんがサービスや運転手関連は高確率で採用されます。

介護職として勉強してきた職歴をフルに活用し、自分が何をやりたいかを何となくでも紐解いていけば、きっと自分に合ったやりたい仕事を見つける事が出来ますよ!

それでは長くなりましたが、これから介護から異業種に転職する際にかならず役立つ厳選した5つの求人サイトを紹介していきます!

特に転職エージェントでは転職先に関する質問だったり悩みを無料で聞いてくれるので、バンバン利用しましょう!

介護の平均年収は40歳モデルで最底辺なので、異業種にいくだけで簡単にアップする事が見込めます!

何と言っても、一般的な職業の魅力は「三交代制」や「夜間勤務」が無く、暦通り土日祝日が休みという事です。

人間らしい学校で生活していた時の様な理想的な生活を手に入れるのも良いかしれません!

ちなみに介護職は無資格の60代を雇うくらい人材不足なのでいつでも出戻り可能です。

心置きなく異業種にいきたい方は転職しましょう!

ホワイト求人に出会うためにはより多くの転職歳とへ登録して相談して自分に合った条件の案件を見つける事が鍵となります。

非公開のレア求人を効率的に見つけるためにも3社以上の転職サイトに登録する事をオススメ致します!

それではオススメの転職サイトをご紹介していきますので、是非とも参考にしてみて下さい!

ハタラクティブ


「ハタラクティブ」は、比較的若い方がフリーターなどの非正規雇用から正社員になれるように力をいれています。

第二新卒をメインターゲットにしていますが、その他の方でも利用しやすいです。

社会人未経験者でも安心して利用できる転職エージェントと言えるでしょう。

ハタラクティブの登録はこちらから

マイナビエージェント

アドバイザーは業界別の専任制で各業界出身者も多く、また知名度の高さから信頼性もとても高いです。

特に社風や社内環境などを把握しやすい点から自分に合った会社を見つけやすいと思います。首都圏に限らず、田舎でも成長企業の案件が掲載されていることもあります。

マイナビエージェントの登録はこちらから

マイナビジョブ20’s


20代の転職なら「マイナビジョブ20’s」がオススメです。

若いうちにしかチャレンジ出来ない異業種に転職する際は大手マイナビのサービスは登録必須といっても過言ではありません。

特に関東・関西圏に在住の方は積極採用中ですので、転職する際にはどんどん活用していきましょう。

マイナビジョブ20’sの登録はこちらから

doda(デューダ)

DODA

転職エージェント「doda」はCMでもお馴染みの大手ということもあり、非常に多くの非公開求人を扱っております。

転職エージェントのメリットである、求職者のスキルやキャリアなどを、専門のアドバイザーが指南してくれます。

また、サイト自体も職種や業種ごとに用意されており、それぞれ求人検索システムもそれらに最適化されているため、非常に使いやすいです。

TV宣伝活動などを考慮すると今一番登録すべきエージェントだと思います。

dodaの登録はこちらから

他の転職エージェントと比較した際に、優良の中小企業やホワイト企業の地方求人も見掛けたので、都市部以外の地方にお住まいの方にもオススメの転職サイトと言えるでしょう

ウズキャリ

ウズキャリでは人気度のあるITエンジニアコース、営業コースの研修制度があり、希望するほうで実務に役立つ研修を受講することができます。

どちらかと言えば20代をターゲットにしている転職エージェントなので若年層に人気があります。

業務に直結する研修を行っている転職エージェントは結構珍しく、未経験からスキルアップしたい方や、異業種からITエンジニアや営業の仕事を目指したい方におすすめです。

ウズキャリの登録はこちら

 

介護職からの異業種への転職まとめ

退職にはタイミングがあり、自分が精神的に追い詰められているか…事業所の将来性の無さに確信を持った時かと思います。

そうと心に決めたのであれば以下の事を覚えておきましょう。

  • 約50万、三ヶ月分の給料くらいの貯蓄を心掛ける(失業保険のため)
  • 賞与の支給後に退職届を出す
  • 人手不足や職場の都合に流されない

職場の過重労働で辞めようと考えの方にありがちですが、自分がいなくなることで職場に迷惑が掛かる…なんて思う方もいらっしゃると思いますが、それは違います。

経営者や上役が無能なだけであってあなたが一切悩む必要はありません。

生活費や利用者のためにゾンビの様に働いている人…それは本当にあなたの望んだ姿なのですか?

プライベートや健康に支障をきたす前に退職しましょう。

心や身体が壊れても誰も助けてくれませんよ。

悪質な施設だと辞めるまで3ヶ月も掛かる事業所がありますが、法律では14日前に退職の意思を伝えれば辞めることが可能です!

しっかりと辞める意思を伝えてその電話を録音し、有給消化し辞めちゃいましょう。

無理をする必要も無いですし、時間は二度と戻りません。

あなたの人生を豊かにするのはあなた自身ですよ。

最後に

実際に私は介護職から転職して本当に良かったと感じています。

ツイートでもあるように給料も二倍になりましたし、仕事に困った際は簡単に介護の仕事に戻ることも出来ます。

介護職から異業種に転職をお考えの方は当記事を参考に転職して見てはいかがですか?

人生一度きりですし、介護の仕事は潰しが効くので若い内に行動するに越したことはありません!

あなたが自分に合った素晴らしい仕事に出会える事を元介護士のおじさんは心から応援しています!

それでは本日も最後まで閲覧頂きましてありがとうございました。したっけ、またお会いしましょう!