【盾の勇者の成り上がり】作画もストーリーも最高クラス!




図書館で四勇者について書かれた本を手にとった大学生の岩谷尚文は、盾の勇者として異世界にある国家・メルロマルクに召喚された。そこには、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康も召喚されていた。次元の亀裂から魔物が大量に湧き出すという波から世界を守ることを国王から命ぜられ、それぞれの武器を鍛えるために供を連れて旅をすることになる。

引用元:Wikipedia


盾の勇者としてメルロマルクに召喚された尚文ですが、お国柄敵対している獣人族が盾の勇者を崇拝している事もあり、酷い仕打ちを受けます。

最初こそ少しうざい態度の主人公ですが婦女暴行の冤罪容疑をかけられ半ば追放のような迫害を受けます。

他の勇者達も主人公をかばう様子も無くむかつく程の辛辣な言葉を投げ付けました。

本当に1話は良心が痛む展開なので見るのがきついんですよ…正直他の勇者や冤罪野郎達○したくなるくらいww

結局その様な状況に陥った彼は全てを失った状態、むしろマイナスから波に立ち向かうためにたった独りで旅をする事になります。

盾の勇者は特性柄攻撃力が皆無のため経験値稼ぎも出来ないため、尚文は「ラフタリア」という獣人の奴隷を買い旅に出ます。

冤罪の一件から精神崩壊し、尚文は全てに絶望し誰も信じられなくなったいました。

しかし、最初こそ攻撃役としてしか彼女の事を見ていなかった彼ですが、旅をする内にだんだんと心を開いていきます。

その行程のストーリーがとても尊いです…

ラフタリアの慈悲深き優しさと想い




何とか第一の波を押し退け、祝宴に招かれた尚文は槍の勇者からいちゃもんを付けられます。

元康「聞いたぞ! ラフタリアちゃんは奴隷なんだってな」

それに対して尚文は「この国自体が容認してんのに何いってんだこいつ…」的な返しをしますが、決闘する流れに…

正直綺麗事ばかり言う槍の勇者にストレスマッハです…

盾の勇者を毛嫌いしている国王も決闘をあっさり承認してしまいます。

ラフタリアの捕らわれ方に疑問を抱かない他の勇者たちこそクソ野郎共に見えるのは私だけでしょうか…?

そして、冤罪をかけた王の娘である「マイン」の横やりによって尚文は負けてしまいます。

彼の前でラフタリアの奴隷紋が解除されてしまいます。

・奴隷紋とは~

従事者の命令に逆らえないようにする制約の紋章です。命令に反すると、痛みを感じる仕様になっています。

同行者設定でラフタリアの倒した魔物の経験値が盾の勇者にも入るようになりました。

これによって攻撃手段の持たない尚文がレベルアップ出来てる訳です。



再び絶望する尚文ですが、ラフタリアは元康に爽快なビンタを食らわし全力で彼を拒絶します。

「尚文様はいつだって魔物から守ってくれる。疲れたら休ませてくれる」

「あなたには病を患った、いつ死ぬかも知れない奴隷に手を差し伸べることができますか?」

「なら、あなたの隣には私でない別の奴隷がいるはずです」

引用元:盾の勇者の成り上がり アニメ第4話より


ぐうの音も出ない元康。偽善者のメッキがボロボロに剥がれてますね。

そして意外にも他の勇者達も今回ばかりは反則行為があった事を指摘して尚文の味方をしてくれます。

ラフタリアは尚文の元へと帰りますが彼女を拒絶してしまいます。

彼女は無理矢理関係を迫ったと冤罪の事を知っていた。そう、彼女は冤罪をかけられた事を知っていたんです。

「どうすれば信じてくれますか?」

もうこの時点で涙腺崩壊気味ですが、畳み掛ける様にラフタリアの聖母の様な愛情が炸裂します。

「俺は自分の事だけ考えて…」

絶望の淵に立たされている彼を優しく抱き締めます。

その光景はもう聖書の教本の挿絵に出てきそうな程に神々しい…

「世界中が尚文さまのを悪くいっても、私は違うって、何回も尚文さまは良い人だって言います。」

「私はあなたの剣、例えどんな苦難があろうとも付き従います。」

尚文が欲しかったであろう言葉を余すことなくぶつけていくスタイル。

涙を流す尚文を再びラフタリアはそっと抱き寄せます。

そして、後ろでは元康が「俺が間違ってない、洗脳されているかも」と本当にクズな発言をしていますww

本当に氏ねって思いましたが他の勇者がドン引きしながら、「あれを見てまだそんな事言えるのか…」と吐き捨ててくれます。



彼は精神的に壊れてしまっていたため、ずっとラフタリアが子供の姿なままに見えていたんですね。

そして、なぜ急に大人の姿に見えたかと言うとカタルシスによって芯から解放、浄化されたからとわかります。

ラストで尚文がサンドイッチを食べて味覚が戻った事がその証拠ですね。

本当に4話はマジで神回です!

最後に




本当に本当に素晴らしい作品です。OPから超カッコいい曲でかましてくれますし、戦闘も躍動感溢れてます。

本記事で紹介してないですがフィーロちゃんも目茶苦茶可愛いんですよね…

もう尚文も含めて味方サイドの皆大好きですわ…

そんな訳でラフタリアちゃんの記事みたいになってしまいましたが、こんな辛い逆境の中なんだかんだ言いつつ弱者を助けながら旅するのも人情味あって好きです。

大体が他のクソ勇者の尻拭いってのがちょっと皮肉というか、とことん設定に拘りを持ってる印象を受けますね…

ここまでひどい連中が集まるのも珍しいんじゃないですかね?

本当尚文が純粋にかわいそうです…

と、アニメは2クールとの事で現時点ではまだ前半戦ですね。

まだ10話以上残してるので私の生き甲斐は暫く無くなりそうにないので助かりました(笑)

それでは皆さんも機会があれば是非チェックしてみて下さい♪



アニメのオススメ動画サービス





日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!





2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】





コメントが動画をもっと楽しくする【niconico】





【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中





人気の映画、ドラマ、アニメをTSUTAYA TVで!

スポンサードリンク