失業中の貴重な時間

girl-1245773_1920

失業中は通常であれば三ヶ月という多大な時間を手に入れる事が出来ます。

学生生活でも夏期休暇、冬期休暇でも最長で1ヶ月近くの休暇しかないです。

それが大人になって三ヶ月の期間というのは今後の人生を左右するかなり重要な期間と言っても過言ではありません。

就職活動に勤しんで再就職手当てをたっぷり貰うのも良し、三ヶ月間フルで休んでも良し…

素晴らしい期間ですよね。そんな王族並みの余暇期間を無駄なく過ごす方法を、失業保険を過去に三回も貰った事のある私が伝授していきたいと思います。


スーパー銭湯や温泉で過ごす

publicdomainq-0018491mlwgoi

スーパー銭湯や温泉で余暇を満喫しよう。温泉の効果は言わずもがなですが、自律神経を整える作用もある上に風呂代も節約出来ます。

又、仮眠室や漫画室を完備している温泉も少なくないため、入浴後に暇潰しをしながら飽きたら仮眠という最強のサイクルを形成出来ます。

さらに夏場だとエアコン代の節約にもなりますし、冬場だと北海道なら灯油代の節約にもなります。

失業給付中は健康保険の支払いや前年度の市民税の支払い等、金銭的に余裕が無くなってくるので、細かな節約が鍵となってきます。

資格の取得を目指してみる

road-sign-798175_1280

前職を退職した理由が不透明だと先行きが不安ですよね。同じ職種での転職を希望されているのなら良いですが、「やりたい事が分からない」といった状況だと非常に危険です。

失業給付は永遠に貰えるわけではありませんし、給付期間な終わるにつれ精神的に焦りが生まれます。

結果、心が病んでいつまでもヒキニートになる…何て最悪なストーリー展開は絶対に回避しなかければなりません。

寝る前でも良いので「ちょっとでも興味のある事」を何個か頭に浮かべて、それに向かって必要な資格を取得するのもひとつの手だと考えています。

職歴と違って資格というものは確実に残るものなので、いざという時に就職に有利になります。

図書館で静かに読書や勉強

beijing-1877354_1920

普段は余り足を運ばない方も多いと思いますが、読書や資格の勉強をしつつ光熱費を浮かすために図書館で過ごすのもオススメです。

私自身も失業中は勉強であったり普段読まないような書籍を読み漁るため週3くらいで図書館通いをしていました。

失業中という浮世離れした虚無な時間に充実感を与えてくれます。

又、図書館によっては無料で映画を楽しめるサービスがあるので読書に飽きたら取り敢えず立ち寄ってみるのもアリかもしれません。

ブログやSNS、YouTubeを初めて見る

publicdomainq-0000157gnjelv

失業給付があっても将来の不安は付き物です。なぜなら新卒という最強のカードが使えない以上、良い企業に就職出来る可能性が限りなく低いのが日本です。

副業解禁となった今、自宅で簡単に出来ちゃうブログはかなりオススメです。

私自身、趣味として始めたこのブログも今や月に5000円~1万円程の副収入を運んでくれる存在になりました。

又、Twitterで日頃のうっぷんをツイートしたりしてストレス発散、自己顕示欲をぶち撒けるのも良いかもしれません(笑)


ネットで就職活動

ハローワークや地元の求人雑誌を買い漁って見た結果、いつも同じような求人しか載ってない事に気付きました。

それからと言うもの、私はネットでの求人を閲覧するようになった訳ですね…

なぜ、ネットの求人が優れているのかという話ですが、ハロワみたく無料で掲載出来ない分、企業が人材集めにしっかりとお金を払っている点です。

企業としてもガチで優秀な人材を求めているので、ブラック企業率がググッと下がり、ホワイト企業率がアップするという筋書きです。


最後に

以前に私が失業期間中に実践した事を書いてみましたが、参考になれば幸いです。

勿論、勉強や就活に勤しむのも良いですが、ガッツリ引きこもって見たかった映画やアニメを一日中見るなんて贅沢も良いかもしれません。


日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!


後宣伝ですが転職で心に余裕の無い方は暇潰し程度に読んでくださると私喜びます(笑)


スポンサードリンク