基本相談メインで動いてくれるかは運次第

こんばんは、黒澤春(@harukurosawa )で御座います。

今回は労働基準監督署は何もしてくれませんという話をテーマで進めていきたいと思います。

会社で自分のキャパシティを越える労働を強いられた時とか「労基に訴えてやる!」とか思う人も多いかと思います。

しかし、彼等は匿名での訴えに対してと「こちらに一任して頂く形」と話すだけで具体的な解決策は見出だしてくれません。

会社が明らかに「労基違反」をしてても「情報として受け取る」とかうまい返ししかしてこないです。

「労基の存在意義って何?」と耳を疑いたくなりますよね…しかし、これが現実なのです。

では、具体的に今後どうしたいかを重点に話をしていきたいと思います。



諦めて素直に転職活動をしよう

publicdomainq-0020648nqqpli

悲しいですが上述したように「労基」はあなたを訴えを聞いてはくれますが、具体的な解決策を見出だしてはくれません。

恐らく「労基」に相談するような状況イコールあなたの精神状態は限界に近いと思います。

解決を急ぎたい場合は匿名で無ければ監査に乗り出してくれる可能性は高いですが、職場からの報復も考えれるので一番避けたいところです。

個人VS企業だとあなたが不利なように事が運ぶ危険性を考えると早い内から転職活動をするのが吉かと思います。

転職する際は求人詐欺の温床であるハローワークは避けて転職サイトで就職先を見つけましょう。

転職はマイナビ等の大手求人サイトがオススメです。



大手・有名企業、首都圏のIT・営業職求人が豊富≪マイナビエージェント≫


地元求人誌やハロワで紹介されていないレア求人や厚待遇のものがバンバン掲載されています。

転職活動を失敗させないためにもガンガン利用していきましょう。

又、バイトしながらゆっくり転職活動したい方にはCMでお馴染みのタウンワークもオススメです。



バイト探しならタウンワーク一択!


CMで知名度を上げました「doda」もオススメです。

マイナビ等にない求人も掲載されているので、併用して転職活動に役立てましょう!

DODA

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?


◆関連記事

弁護士に相談してみよう

hammer-719061_1920

残業代請求等、急ぎたい場合は素直に弁護士に相談してみるのも良いかと思います。

弁護士のイメージとして「高い料金を払う」というのが一般的ですが「法テラス」という制度があり、無料で相談できる場合があります。

自分の年収が低い場合に適用される可能性が高いので、Google等の検索エンジンから一度調べてみる事をオススメします。

しかし、こちらの手法も匿名で行えないため「退職覚悟」で動かなければいけないのが最大のデメリットです。

私は退職では無く賃貸でのトラブルで法テラスを利用した事があります。

いよいよ限界が来たら最終手段として利用する価値はあるので頭の片隅にでもいれておくと、いざという時に役立つかもしれません。



◆関連記事

職場に今の労働環境の改善を打診

business-3560932_1920

こちらも恐らくですが「改善しないから労基」に行ったと推測しますので、効果は薄いかと思います。

しかし、労働環境が劣悪で退職者が絶えない際はダメ元で上司や上役に事の現状を訴えてみてはいかがでしょうか?

それでもダメなら転職活動か我慢して仕事を続けるかの二択になってしまいます。

悲観するだけでは現状を変えるのは難しいと思いますので、取り敢えず行動あるのみです。

もし、相談しても「話を聞いてくれる可能性が極めて低い」場合は辞めた法が良いですよ。

イジメや無視の対象にされでもしたら今後の仕事にも差し支えますし、精神崩壊して鬱病コースのレールに乗っかってしまいますからね。

そこら辺は職場の空気を読み取って打診していった方が吉かと思います。

ちなみに私は「打診しても改善されなかった」過去があるので転職という道を選んだ事があります。

後悔しないようこの二択は慎重に考えたいところですね。



◆関連記事

辛いなら精神壊す前に退職

job_taisyoku_daikou_woman

電通の若い女性社員さんの自殺事件など、追い込まれたら人間は冷静な判断が出来なくなります。

明石家さんまさんも言ってるように「人生生きてるだけで丸儲け」なんです。

ゲームの様にコンテニュー出来ませんし、美味しい食事や親しい人に二度と会えなくなります。

そうなる前に「辞めたいけど辞めれない」という気持ちを押し殺して本当に辛いのなら退職しましょう。

今は「退職代行」といったサービスもありますし、退職後も立ち回り次第では「失業保険」を早い段階でゲット出来るのでお金にも困りません。

私は過去に失業保険を三回、合計で100万以上受給しています。

その休養、転職活動期間は自由な時間がたくさんありますので資格を取得したりしました。

なるべく退職する前に悩むだけではなく「次にやりたい事を見付ける」のも鍵になってきます。

精神的に余裕が無いのは察しますが、おまんま食べていかなくてはいけないので面倒臭がらずに目標を見つけましょう。



退職代行「EXIT」

◆関連記事

最後に

publicdomainq-0024290qomhzy

労働監督署に限らず警察もそうですが、事の自体が深刻化してからでは無いと動いてくれない存在意義が謎な機関です。

なので「他人に期待しないで自分で解決する力」が問われる時代になっています。

足を運ぶだけ無駄なケースが多いので、役に立たない機関に期待するより、自ら行動していきましょう!

そうすれば「他人に期待する」事から解放され、無駄なストレスを感じる事なく生きていく事が出来ます。

それでも「労基」に助けを求めるのであれば、数人に乗り込むか「匿名」では無く、実名で訴えるのが解決への糸口かと思います。

うーん、無能…(笑)ほんと「労基」の存在意義って…(笑)

取り敢えず「労基」に行こうと考えてる方は過度の期待をせずに「転職するか続けるか」具体的な道をガツンと決めてから行動しましょう。

正直ここまで来たら「転職」の道しか無い気もしますけど…それを選ぶのはあなた次第です。

それでは本日も最後まで閲覧頂きましてありがとうございました。またお会いしましょう!

スポンサードリンク