なろう系とは?ブームの背景について

water-3350331_1920

こんばんは、黒澤春(@harukurosawa )で御座います。

なろう系とは?

噛み砕くと、一般的な「なろう系」の定義とは、トラックに轢かれて亡くなる→異世界に転生するという流れの作品の事を指します(雑)

今回はそんな「なろう系小説」が流行っている背景について考察していきたいと思います。

アニメラッシュでプチ社会現象になっていますが、私自身も「なろう系」のアニメは大好物で結構視聴しています。

展開が大体似たり寄ったりな作品が多いため、批判されがちですが、なろう系大好きな私が「なろう系」についての全力で語っていきますのでお暇でしたら、是非ともお付き合いください。


ストレスフリー、要は脳死で視聴できる

publicdomainq-0010696vmqmof

なろう系の特徴として大体が似たような物語の王道パターンが存在します。

その中でも一般的なのは冒頭でも語った様に「トラックに跳ねられ転生」するというのモノです。

現にそのせいで「転生トラック」という言葉まで生まれてしまいました(笑)

そして、その後の展開も大体が主人公は「勇者」として生まれ変わったり、先天的に「強大な力」を持っている事が多いですね。

詳しく区分すると「赤ん坊」からやり直す展開だったり、「今の姿のまま異世界に行く」というのがベターとなっています。

前者の流れだと、大体は魔法学園的なとこに通うことになりますね。

当然ですが、主人公はチート能力と揶揄される「強大な力」を持っているため、スクールカーストの頂点に君臨します。

結果、周りにはイケメン王子や可愛いお姫様ヒロインという何とも輝かしい面子に囲まれ充実した学生ライフを送っていくという感じです。

後者も同じようにチート能力を有しているため、やがては国の重要人物と絡むようになったりと、注目される存在になっていく訳です。

こんな感じの一本道ストーリーなので、余り考察せずに視聴しててもスッと頭の中に入ってきます。


妄想のハーレムライフ視る自己欲求について

pose_kusai_man

「なろう系」の恋愛描写は大体ハーレム的な要素が高確率で絡んできます。

鈍感な主人公からはどうも「陰キャ」な香りしか漂ってきません…

現実世界ならあれだけヒロイン達から好意の目で見られたら気付かない訳がないです。

あれは「なろう系」特有の「現実世界でただモテたい」という自己欲求の現れをうまく表現できていると思います。

中にはヒロイン達全員と結婚するという日本では倫理的に違和感のある作品まであります。

現実世界の日本でそんな事したら、社会的に終わりますよ…

あわよくば美女全員と気持ちいい事したいというモテない男が考えそうなエゴが溢れんばかりに詰まった演出です。

あの描写だけは余り好かないですが、最近「賢者の孫」という作品があるんですが、あれは一人のヒロインをきちんと愛しているのはマジで評価出来ますね。

しかし、現実世界でも人間異性から好意の目で見られたらそりゃ嬉しくなるもんですよ。

「自分が認められてる」「注目されてる」という快感は何とも言えない高揚感を得る事が出来ますからね。

同族嫌悪を感じて批判が集まりやすいですが、私は見てて違和感を感じつつも面白いと思ってしまいます。

ただ、先程も言ったように最終的にはきちんと一人の女性を選んで愛してもらいたいもんです。


おじさん世代に支持される理由【戻れない青春】

publicdomainq-0030195hnduhu

意外にも「なろう系」を支持している世代は20代~30代が多いらしいです。

私自身も感じていますが、今の人生で一発逆転したところで「青春時代」は二度と戻らないです。

今が幸せなら良いと言いますが「学生時代に輝きたかった」という願いを疑似的に味わえるのが「なろう系」の醍醐味の一つなんじゃないかと思います。

そう思えるのも、私が学生時代に「陰キャ」だったからですね。

学生時代にスクールカーストが上位なら「なろう系」でモテてるのを見ても「アニメかよ」って感じちゃうかな…

陽キャは少女漫画ありそうな部活の先輩をす好きになっちゃうようなリアリティーの高い作品を好きになるでしょう。

しかし、陰キャはそんなもん微塵も味わってないから共感出来ませんよね。

そこで魔法のキーワード「転生」が入ることでそれを実現できる事が可能になる訳です。


ニートや引きこもり、社畜が転生するパターン

publicdomainq-0003164bsopjw

陰キャだったり、ニート、社畜の心をうまく反映していると思います。

それは「今の現実に満足してないが脱する事の出来ない自分」に対して心の中では変わりたいと訴えているという点です。

陽キャは常日頃より何かに対して情熱的に打ち込んだりと、リアルを充実させるための余念がありません。

しかし、陰キャはリアルで頑張ろうともカーストが固定されているため、中々努力しても周りが理解してくれる事は無いです(非情)

ニートであれば就職が困難な状況に陥っていたり、社畜もそこは同様ですね。

転職でもして新たな自分を探しにいきたいという気持ちです。

そこで、「なろう系」は視聴する事で、そんな状況を擬似的に体感する事が出来ます。

完全にまやかしですけど自己投影しやすいんで、麻薬的な中毒性があるのかもしれませんね。



日本の未来が絶望的なので異世界に逃避行説





進み行く高齢者社会にプリウスミサイル…消費税増税問題等々、今の日本はとても生きにくい国になってしまいました。

おっさんが青春を取り戻したいという願望と同じように、直視出来ない様な辛い現実から逃げ出したい気持ちが働いてる様に思えます。

最後に

IMG_20190306_181527

中には素敵な作品もありますが、どうも「粗製乱造」されている感も否めないですね…

しかしながらコミカライズされる事で目にとまりやすくなったのは良いことだと思います。

変わりたいけど変われない人達や過去に青春を味わえなかった私に夢を見させてくれる、それが「なろう系」と言われる異世界転生ものの良さだと思います。

確かに悪く言えば現実逃避に近いかもしれませんが、視聴している間は自己投影しやすい事もあり、ストーリーも分かりやすいのでノーストレスで一気に見れるのがミソです。

しかもアニメだと、大体の作品が1クール12話構成と比較的に視聴する難易度が低いのと大きいかと思います。

作品自体が短いので比較的すんなり「見てみよう」という心理が働くからです。

ちなみに、ワンピースを例に出しますが、今から見直すってなっても現時点で900話以上あります。

今更見返すのに何日掛かるんだこれ!?って臆しちゃいますよね。

疲れた社会人、スクールカースト底辺だった私が楽しめるのには充分すぎる要素だと我ながら思いました。

それでは長くなりましたが、以上となります。本日も閲覧頂き誠にありがとうございました!



日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!


2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】


スポンサードリンク