皆さんの腰痛対策は?

medical_corset

介護のお仕事をしていて避けられないのが移乗介助等で蓄積された疲労で起きる「腰痛問題」です。

若いからと言って油断していると鈍い痛みがやがて透き通る様な痛みへと変わり、冷や汗が止まらなくなったり、慢性的な腰痛になってしまいます。

そこで、介護士は普段より「腰痛ベルト」を使用している人も多く、腰に負担を掛けないように工夫してお仕事をされています。

では、タイトルであったようになぜ私が「介護専用の腰痛ベルト」では無く「スポーツ用の腰痛ベルト」を使用しているかざっと説明したいと思います。



 

スポーツ用は機能性が高い

stretching-3098228_1920

介護士専用の腰ベルトは金具が固く、屈伸状態になると金具が背中に当たり結構痛いんですよね。

確かに腰が固定されるので負担は減りますが、金具がめり込む痛みはどうも私は慣れませんでしたね…

その点、スポーツ用の腰ベルトは金具部分がそこそこ柔いため屈伸状態になっても腰は守られつつ、稼働域が介護用よりも高いため、動きやすいです。

ただ「介護用の腰痛ベルト」に関しては法人とかで介護士のために「1000円ちょいで安売り」してる場合があるので、コスト面を考えると専用のものがお得なケースもあります。

1000円ちょいなら試しに買ってみる価値もあるので、この記事だけを鵜呑みにせず実際に購入してみるのも良いかもしれません。

ただし、実際に使って腰と相談

medicine-2361046_1920

以前に「スポーツ用の腰痛ベルト」を付けずに仕事をしていた事がありましたが「やっぱ腰に鈍い痛み後溜まる…」と感じた事があります。

やはり、腰ベルトを使用するのとしないのであればまさに雲泥の差といっても過言では無いでしょう。

なので、こればかりは実際にベルトを購入して自分に合ってるのか?

腰の負担は本当に軽減されているのか、自分自身で実感しないことには何の意味もありません。

この記事では「スポーツ用の腰ベルト」をオススメしていますが、人間なんて千差万別、合う合わないは必ず存在します。

なので、先程も述べたように安い「腰ベルト」から購入して様子見するのも良いと思います。

私の愛用品「ティゴラ 腰痛サポーター」


アルペングループの自社製品である「ティゴラの腰痛サポーター」を愛用しています。

8000円くらいのいい商品を試着したんですが、何か腰にしっくりこなかったんです。

そしてアルペングループの自社製品ということで見向きもしなかったこちらの商品なんですが、意外と装着した時のフィット感じも強く、機動性も高い!

お値段も全然安いし、これに決めた!とトントン拍子で購入に至りました。

実際に使用して3ヶ月ちょっとですが、ベルトの固定部分の装着性も失われておらず、腰も全然痛くないです!

しかも、スポーツ用なので遊びで総合体育館に遊びに行った時とかもこっそり使っててプラベでもかなり役立っています。

最後に

publicdomainq-0024290qomhzy

腰痛、ヘルニアになったら慢性化してしまい、完治するのは困難と言われています。

そうならないためには日々のケアや今回の記事のようにベルトきちんと装着して、予防していきたいところですね。

スポンサードリンク