レコパにおいて安定して星5魔石オートするには

InShot_20190924_133237620

おはようございます、黒澤春(@harukurosawa )で御座います。

今回はファイナルファンタジーレコードキーパーで星5魔石ダンジョンをオート巡回し、楽にミッションをクリアする方法を紹介していきます。

最近では強敵と戦う際には魔石の効果が無いと結構苦戦を強いられる事が増えてきました。

しかし、オートプレイにせずフルコミットしてプレイをしてたら時間がいくらあっても足りません…

忙しい方にとってウィークリーミッションの報酬を全て回収するのが中々大変だったりします。

そういった理由で困ってる方は本記事を参考にする事で楽にアルカナと★5魔石を効率良く入手する事が出来ます。



魔石ダンジョンを安定した周回をするには?

全滅せずに安定した周回をするためにはどうすれば良いか?

恐らく星5魔までクリアした方はレベルはカンストされてると思うのでその辺は割愛させて頂きます。

当たり前の事ばかり書いていきますが、普通にプレイするのと違って細かな調整も必要となってきたりするので、そこも注意です。

後半に攻略動画を元に追って説明します。

IMG_20190306_181527

ちなみに私は星6魔石すらクリアしていないライト層なのですが、一部のダンジョンは安定して20秒切りで巡回しています。

シンクロ奥義あれば楽なんでしょうけど私一個もまだ持ってないんですよねぇ…はよ欲しい


星5星6アビリティの精錬をする

20190927_003845

覚醒奥義やシンクロ奥義があってもゲージが枯渇したり、溜まる前に弾切れを起こしては元も子もありません。

きちんとアビリティを精錬して肝心な時に弾切れを起こさない様にしましょう。

特に星6アビリティは星5に比べて攻撃回数が多かったり、行動短縮が付いているものがあるので、パワーアップダンジョンは結晶を集める様にした方が無難です。


※そして、実践で注意すべき点は「AUTO」モードの際、左側のアビリティをAIは優先して使用します。



なので、星6アビリティを左側にセットするようにしましょう。

アビリティのレベルが高いと必殺ゲージも溜まりやすくなってるので間違えずにセットして下さい。

IMG_20190306_181527

さくさく周回するには火力高いものも優先して使用出来るスタイルでいきましょう!効率良く最適化!


チェインに加え覚醒奥義やシンクロ奥義、オバフロ奥義を入手する

20190927_003723

アビリティの精錬が安定したら今度は必殺技選定です。

といっても魔石ダンジョンのオート周回は覚醒奥義やシンクロ奥義といった上位の必殺技が無いとかなりキツいです。

なぜなら、時間経過と共に敵の攻撃が激化し、あっさりと戦闘不能にされる…なんてケースは珍しくありません。

一番理想のなのは「覚醒奥義かシンクロ奥義」と「オバフロ奥義」の組み合わせですね。

覚醒モードが切れる頃には敵のライフゲージもじり貧なので、とどめにオバフロ奥義を撃ち込んでフィニュッシュという戦法です。

オバフロが無ければ使い勝手の良い超絶で代用しましょう。

IMG_20190306_181527

楽してオート周回するには覚醒奥義はほぼ必須です。

結局の所は必殺技ゲーです…残念ですが…


ダメージの底上げにリミットチェインも併用しないとさくっと30秒切りが辛い場面も多々あります。

楽して周回するならチェインもほぼ必須です。

旧式チェインでもオニオンナイトの超絶をお持ちであれば、バフを掛けてダメージアップする事が出来るのでうまく利用していきましょう。

本当は最大チェイン数150の最新モデルが最強なんですけど…全属性揃えるとなると中々骨が折れます…

レコードダイブをする(レコードボードも解放)

20190927_003806

星5レベルになるとレコードマテリアの二回発動がかなり役立ちます。

さらに星4と比べて被ダメもかなり痛いので、少なくてもスタメンのレコードマテリアは全て解放しておきたいところです。

結局解放したところで前章で紹介した必殺技が揃ってないと押しきれずに戦闘不能で床ペロします。

あくまで必殺技が揃ってるキャラを優先して解放していきましょう。

IMG_20190306_181527

特にレコードボードの星6フラグメントは貴重なんで使う際は慎重に…

ちなみに私は汎用性の高い「オニオンナイト」と「ウララ」を優先して解放してます。

前者は超絶(忍玉、賢玉)、後者は星6閃技と超絶があればほぼ全てのダンジョンでスタメン入り出来ます。


結晶水を使用しステータスアップをする

20190927_003744

こちらもレコードダイブと同じくレコードダンジョンで結晶水を集めて、キャラに積む方法です。

レコードダイブだけではダメージが恐い魔法キャラには体力のアップを積みましょう。

ケチケチして使用しない事で安定して周回出来ない危険性も出てきます。

現に私もベヒーモス戦で結晶水ケチって何回か全滅してました。 勿論オート周回です。

んで、試しに数回やったら3回に一回くらい戦闘不能になる事が分かりました。

たぶん乱数ってヤツですね…今回の記事は安定して周回出来るというのがテーマなんで積めるもんは積みまくっていきましょう。

IMG_20190306_181527

水積んだおかげで今は100%勝てます。


セットする魔石の強化

20190927_003828

セットする魔石は惜しみ無く強化して、被ダメを押さえたり与ダメージの底上げをしましょう。

星5周回を目標にしてるのならば耐性の付いた星5魔石と属性攻撃アップの星5魔石はかならずレベル99にします。

欲を言えばその星5魔石にさらに星5魔石を継承しちゃうくらいでないといけません。

まぁ、言うても私はそこまでしなくても覚醒奥義とオバフロ奥義をダブルで持ってるキャラが二人いたのでそこまでガチガチに固めてませんが、心配性な方やさくさく行きたい方は強化しましょう。

IMG_20190306_181527

でも集めるの結構大変ですよね…


ファブール城でマギアマラソンをする

20190927_014022

マギアEXPを得てマギアレベルを上げ、ポイントをステータスに振り分けましょう。

その際に効率良くEXPを稼げるのがノーマルダンジョンのファブール城です。

ヘビーユーザーはマギアポイントを得るためたここを何十、何百回と回ります…

ネットではマギアマラソンと言われ、マギマラとも名付けられています。 正直ここまでガチでいかなくても必殺さえ揃っていて、尚且つ上記で紹介したステータス強化を一通りすれば何とかなると思います。

IMG_20190306_181527

と言いつつも10ポイントくらいは魔法パの際はHP振りしてます。この微妙な調整で正直何回も救われています…笑


星5魔石オート攻略動画



クロハルのYouTubeチャンネル登録はこちらから

・フレ召喚:ファブラガーディアン

・魔石:ヘカトンケイル

・レッドⅩⅢ
アビリティ:連続ストンガ
必殺:地チェイン
レコマテ:開幕ゲージ1

・リディア
アビリティ:ブラザーズ、タイタン
必殺:覚醒奥義、オバフロ奥義
レコマテ:必殺ゲージUP

・リノア
アビリティ:ストンジャ
必殺:覚醒奥義(地)、オバフロ奥義(地)
レコマテ:必殺ゲージUP

・ウララ
アビリティ:ケアルジャ
必殺:超絶、星6閃技
レコマテ:雷神

・玉ねぎ(オニオンナイト)
アビリティ:ウルトラキュア(精錬無し)、メルトン
必殺:超絶(賢玉)
レコマテ:開幕ゲージ1

IMG_20190306_181527

ポイントは前半で回復が追い付かないのをカバーするために玉ねぎに精錬していないウルキュアを持たせています。

アビ切れる頃には回復も安定しているので自動で右のメルトンを使ってくれるという寸法です。


必殺技ゲーじゃん!と批判来そうですが、古参の私もそれは認めますよ。

正直覚醒奥義以上が無いとオートの際はかなりキツいです…AIが必殺技を最適化してくれれば良いんですけどね。 ちなみにアビのお復習もかねてちょっと注意すべき点を書き足します↓


・アビリティは左側のものから優先して使われる

・必殺技はゲージが貯まった時点で使われる(例えばオバフロ持っていくとそればかり使われてしまう)

・複数装備していたらアビと同様左側のものから優先されてしまう



こんな感じです。

なので、シンクロ奥義や覚醒奥義、オバフロ奥義は一発限りなのである意味オートに適した必殺とも言えるでしょう。

使ったら左から順に消化されていきますからね!

IMG_20190306_181527

オートのAIの動きさえ掴めば後は放置でオーケーです。

バーストは余りオート向きじゃないので控えましょう、てかバーストじゃ削りきれません(悲報)


ウララと玉ねぎを基盤にし、随時覚醒奥義が揃う事で比較的簡単に魔石オート巡回が捗ります。

ちなみに「ケツァクウァトル」も似たような構成でオート巡回してます。



【FFRK】星5魔石ケツァクウァトル、オート周回動画(地属性物理パーティ)

最後に

いかがでしたか?

まぁ、FFRK民にとったら「当たり前な事言ってるだけじゃん!」と思われるかもですが、結構レコダイも結晶もケチってる人多いと思うんですよね…

ここは一つ、勿体ないお化けをやっつけてドンドン突っ込みましょう。

どうせ後々たっぷり手に入るんですからね。

それでは本日も最後まで閲覧頂きましてありがとうございました。したっけ、またお会いしましょう!



スポンサードリンク