youtube-icon-3478912_1920

おはようございます、黒澤春(@harukurosawa )で御座います。

やっとの思いでYoutubeのチャンネル登録者数が100人を越えました…!

YouTubeをやってみては良いけど、100人の壁を越えれずくすぶっている方へ、私自身手探りして何とか100人達成するまでに、4ヶ月近くもかかりました。

ブログと同じで継続は力ですね…最初はツイッターやブログ仲間が登録してくれた事もあり、幸先の良いスタートでしたが100人いくまでは本当に長かったです。

0人を10人にするのは簡単でしたが、100人に至るまでの時期が一番気が遠く感じました。

ただ、踏ん張り続けて諦めないで続けていれば、絶対に100人は突破出来ます。

本記事では、実際に私がチャンネル登録100人を達成するためにしてきた事等をご紹介したいと思います。



YouTubeチャンネルの現状

film-589491_1280


・現在のYouTubeチャンネル登録者:105人

・動画投稿数:50本

・総再生時間:1.6万分

・視聴回数:約6500回



私のYouTubeチャンネル「クロハルどっとこむ」 を2019年8月にチャンネル立ち上げて年収300万の婚カツ事情の動画を取り敢えずアップしました。

初動としては再生数も10回を越えていたので底辺ユーチューバーとしてはそこそこ良いスタートダッシュといった感触でした。

その理由として他のYouTuberでも再生数0回とかの人が結構ごろごろいるんですよね。

そこを考慮するとツイッターやブログはやっていて良かったと思いました。

それと同時に視聴者側から見て「チャンネル登録者数100人」の数字を見て「底辺ユーチューバー」という印象を受けましたが100人到達するのって大変なんだなぁ…とひしひしと感じました。

調子乗ってすみませんでした…

いざ自分がYoutubeをやってみたら、100人って数字の重さを痛感しました。

チャンネル登録者を増やすためにした事

youtube-subscribe-button-3682820_1280 (1)

YouTubeの一番の壁はまずは動画をアップする事です。

大体の人は形から入ろうとしてとりあえず、動画を作ってアップするという行動に出ません。

MacBook買って有料ソフト使ってとかそんな邪心は取っ払って取り敢えず動画を投稿しました。

このステージをクリアする事で徐々にチャンネルの方向性を決めていく感じにシフトしました。

しかし、それを踏まえてこれからYouTubeをやる人は以下の事を意識した方が良いと思います。


・YouTubeチャンネルのジャンル選定

・YouTubeSEO(検索エンジン)からの流入を意識したタイトル、サムネイル作成

・ツイッターやニュース等のフレッシュなネタをいち早く取り入れて動画投稿する

・同じジャンルのYouTuberの伸びている動画を研究

・成るべく投稿ペースは落とさない(毎日投稿が望ましい)



YouTuberと食っていけるレベルなるにはサッカー選手と同じくらいの確率です。

あなたが余程の才能が無いとYouTubeで食っていくのは困難な訳で正直雲を掴むくらい困難…

クオリティーの高い動画を出すのも大事ですが、いざ高級な機材を購入してやってみては良いけど続かない…これが一番悲惨なパターンです。

YouTuberとして生計を立てられるのは全体の0.3%ということなります。
サッカーをしている大学生4年生がプロサッカー選手になれる確率は0.26%だそうですので、これに近い数字です。

もちろんサッカーと比べるとYouTuberの方が技術や体力を身につける期間が短いため、簡単に比較はできませんが、「誰でも稼げる」と言えるほど楽な商売ではなさそうです。

引用元:ユーチュラ


最近ではビジネス系インフルエンサーのユーチューバーが増えており、その人達が口々にしているのが「スマホ一台でもユーチューバー」は出来るという事です。

現に私もスマホ一台でチャンネル登録100人まで到達する事が出来ました。

なので、取り敢えずスマホだけで十分です。

サッカー選手も最初は安いサッカーボールで徐々にスキルを伸ばしていった様にいきなり高級品で取り繕う必要は無いんですよ。

私として「とにかくやってみる」事が一番大事だと思います。

そうじゃないと私はまだブログ一本でYoutubeは恐らくやってなかったと思います。

無編集でも良いから動画を出していきましょう。

かの有名なホリエモン氏も無編集で何万再生もいってる動画があります。

私のチャンネルも意外と編集していない動画が伸びていたりするんですよね…編集も大事ですが形から入ろうとせず 「とりあえずやってみるのが大切」という事です。

YouTubeチャンネルのジャンル選定

publicdomainq-0028084rdnubk

YouTubeの話からちょっと反れますが、私は以前に2ちゃんねるのまとめサイトを運営していました。

結局そのサイトはサイトのジャンル設定が不確定過ぎて潰してしまったんですが、まとめサイトと今のYouTube市場は似ているなと感じています。

「東海オンエア」や「はじめしゃちょー」みたいな何でも屋さんみたいなユーチューバー、所謂エンタメ系は席が埋まっている上にUUUMという強力なコミュニティーがあるので、その分野で伸ばすのはかなりシンドイです。

インフルエンサー系のユーチューバーさんもおっしゃってますが、ジャンルをある程度絞る事が望ましいかと思います。

絞りすぎてもつまらなくなって更新辞めちゃうのも勿体ないので、取り敢えず一本だけ軸を作りましょう。

これはブログと同じですね…

例えばゲーム配信のチャンネルなのに、いきなり料理動画出しても一貫性が無くなってしまいます。

自分をブランディング出来た後なら好きな動画出しても伸びると思いますが、最初の内は控えた方が良いでしょう。

IMG_20190306_181527

とか言いつつ私も元介護士ネタの動画やりつつ、ゲーム配信もしてるんですけどね…(笑)まだまだ手探りの状態です…


YouTubeSEO(検索エンジン)からの流入を意識したタイトル、サムネイル作成

search-engine-optimization-1359429_1920
ブログと同じくYouTubeも虫眼鏡の検索から動画を検索するユーザーも多く、検索から少しでもユーザーを流す事を意識していきましょう。

又、YouTubeには「関連動画」という機能があり、そこからユーザー流入が望めます。

ここらのアルゴリズムはちょっと謎めいた部分もありますが、概要欄に関連動画に表示させたい動画のURLを打ち込むとその動画の関連動画に出るとか出ないとか…

取り敢えず、動画が再生される鍵は「タイトルキーワード」と「サムネイル」が一番大事です。

内容が面白くて素晴らしい動画でユーザーから見てタイトルやサムネが魅力的で無ければクリックさせずスルーされます。

人気Youtuberならブランディングが出来ているため、しょーもないタイトルでも見てもらえますが、チャンネル登録者100人の底辺ユーチューブチャンネルでは難しいです。

あなたが無名であればある程、動画を再生して貰うための工夫が必要になってきます。

キーワードに関してはブログと違いユーチューブのリスナーが求めるものが若干異なるため何とも言えませんが、人の目を惹ける様なタイトルです。

ブログは検索から流入が全てですが、ユーチューブは見たい!と思える様なタイトルとサムネが大事だと思っています。

サムネイルに関しては人気YouTuberのサムネを参考にすれば良いかと思います。

IMG_20190306_181527

YouTubeはSEO狙いやすいですが、サムネが微妙だったら中々ユーザーが流れてこないんですよね。ブログとの違いそこです。要はタイトル意外にサムネもキーワードと同様に大事という事ですね。


ツイッターやニュース等のフレッシュなネタをいち早く取り入れて動画投稿する

social-1206610_640

ツイッターのトレンドネタやニュース、他のユーチューバーが取り扱ってるネタに便乗する方法です。

インフルエンサー系ユーチューバーの方も言っていましたが、例えばホリエモン氏が手取り14万についての動画を出した時に自分も手取り14万ネタの動画を出すといったコバンザメ戦法です。

一見するといやらしいかと思いますが、これも列記とした戦略の一つです。

ただ問題なのは爆発力はあるものの、その場かぎりの動画になりやすいので動画が定期的に見られないというデメリットもあります。

しかしながら、少しでも登録者数を増やしたいのであれば恥ずかしさを捨ててバンバン波に乗っていきましょう。

私自身もブログやYouTubeで時事ネタを扱って爆発的にアクセスが増えた経験があります。

同じジャンルのYouTuberの伸びている動画を研究

同じジャンルのYoutuberの動画を視聴しましょう。

私の場合、介護の給料明細で伸びている動画を発見し、早速私も似たような動画をアップしました。



YouTubeチャンネルはこちらから

今まで100再生いけば御の字でしたが、見事に500再生を突破し、今も地味に再生されている動画です。

実はこの動画も、ツイッターのトレンドだった#手取り15万も盛り込んだ動画なんですよね。

ただの給料明細との差別化を図るために意図的にタイトルのキーワードに手取り15万を忍ばせた感じです。

ちなみに今のYoutubeのアルゴリズムとして、アップされた動画の内容をAIが解析し、似たような内容の動画が関連動画に表示されるらしいです。

即ち、再生数の高い動画の真似をしてコバンザメしていけって事ですね。

成るべく投稿ペースは落とさない(毎日投稿が望ましい)

人気ユーチューバーさんを見て分かる様に彼等はほぼ毎日の様に動画をアップされています。

ブライアンチャンネルみたいに例外も御座いますが…(笑)

そして何より、動画の本数が無いと話が始まりません。

YouTubeもブログと同じく動画100本がスタートラインと言われてるくらいなので、分母が多く無ければ話になりません。

恐らく副業や趣味でYouTubeを始める方が大半だと思うので、毎日更新は無理でも最低3日に1本のペースで動画はアップロードしていきたいところですね。

無編集でも当たれば再生数は伸びるので、編集に懲りすぎずある程度の妥協点を見つけるのも大事です。

IMG_20190306_181527

でも、ある程度編集しないとチャンネル全体の質にも関わってくるので、適当過ぎてもダメですよ。


最後に



チャンネル登録してね!

何とか100人突破しましたが、やはり目標は高く!という事でチャンネル登録者10万と言わず、100万人を目指したいと思います。

目標を大きく掲げる事は自分のモチベーションアップにも大事ですし、YouTubeは青天井ですからね。

何といっても世界規模のプラットホームなのがデカイ…!日本外にもアプローチ出来るのが素晴らしいです。

るからにはいろんな人に見てもらいたいですしね。

しゃべくり系は海外には需要無いけどワンチャンうちの猫動画で狙っていきます(ゲスい)

当面はジャンル手探りつつ、取り敢えずチャンネル登録者数1000人を達成したいと思います。

そしたら念願のMacBook買ってブログ、YouTubeに励みたいと思います(笑)

それでは本日も最後まで閲覧頂きましてありがとうございました。したっけ、またお会いしましょう!


スポンサードリンク