シャフト産、電波女と青春男の魅力


シャフ度という言葉を産み出した程、シャフトの製作するアニメはとても特徴的な描写が多いです。主要キャラのみに集点を置いたり、急にアップしたり、カメラが離れたりと癖の強い演出が話題を読んでいます。

賛否評論な意見が飛び交っていますが、その演出はこのアニメにぴったりなんすよ。なぜかと言うとヒロインのエリオは普通であれば高校に通っている年なんですが、彼女は諸事情により学校に通っていません(本編見テネ)

それだけでも普通の学園モノアニメとしてちょっぴり歪ですが、だからこそこの閉鎖的な世界観とマッチして素晴らしい演出になってるんですよね。

言葉で表現するなら「あの世界にずっと留まっていたい」という思いに駆られるアニメだなと思いますwww

そして、最終回見終わった後のアニメロス(喪失感)がかなり半端無いです…

それだけ自分がこの作品に引き込まれていた証拠でもありますね…二期はよ来い



主人公と関わる事によって周りが徐々に変化していく過程や何気ない日常がとても良い。

また一見、脳ミソ空っぽで見るタイプのアニメに見えますがキャラクター毎の心理的な描写がとても旨く表現されているためかキャラの魅力がぐっと高いんですよね。

だからこそアマゾンレビューも中々の高評価を叩き出しています。たぶん…(笑)

何か知らんけどアニメのOP曲がやたら頭に残る




旋律から何まで大分狂気じみた曲ですが、まさに本作のアニメのために作られた曲って感じでかなり良い感じです。

つべに公式動画あればハラデイしようかと思ったのですが、神聖かまってちゃんverしか無かったので割愛させて頂きます。

あれはエリオが歌ってこそ意味がある歌だ(確信)

ちなみにプライム会員で音楽聞き放題のサービス。アマゾンミュージックだとカバー曲だけありました。

あとがき




本当にアマゾンプライムに加入してから引きニート加速するわでとんでもないぜ、全く。

しかし、作画がここまで綺麗でラストまで突っ走ったアニメってやはり偉大だなと感じた今日この頃。

繊細な仕事をこなしているシャフトには本当芸術だと思いました(語彙力)

Amazonプライム・ビデオ

スポンサードリンク