2018年も終わりを迎えるので今年のアニメ振り返り


自分的には物凄く豊作な一年でした。ファンタジーが大好物なので2017年に続いて今年も「なろう系」が人気でしたね。

たくさんの作品を日記代わりにブログに書き留めておこうと思います。なぜかというと、頭空っぽで見るような日常アニメって凄い楽しいんですけどふと忘れちゃうことがあるんですよね…

何より毎回30作品近くあるんですからしゃーないっすね…それでは早速作品紹介に移っていきたいとおもいます。

1.ISLAND





ヒロイン役が田村ゆかりさんという事もありおじさん、楽しめて視聴出来ました。

舞台設定も過去という事もあり、ノスタルジックな気分で始終楽しめましたね。

何となく「ひぐらし」っぽい雰囲気が醸し出されてたのであっちゅう間にハマってしまいました。

やっぱりタイムリープものは面白い作品多いですね。




2.あそびあそばせ





美少女(?)中学生三人の繰り広げるギャグアニメ。シュールなネタや顔芸が多く、笑いの堪えない作品です。

個人的にはアポクリン汗腺が一番ツボにはいりました。





3.異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術





テンプレ転生もので気付いたらゲームの世界に…コミュ症ながらも魔王を演じながら頑張る姿には好感が持てます。

余り痛い行動が無いためお笑い要素は少な目です。




4.うちのメイドがウザすぎる!





OPとEDの実写PVのインパクトも大きく、きちんとギャグやりつつも走りきった作品。

ミーシャに対する鴨井さんのくどくないウザさがとても良かったです。テンポも良い感じで最終回のまとめ方も綺麗なので見終わった時の満足感が完璧です。

もやもや一つ残らず、完全に気持ち良く消化出来たアニメでした!

アニメロスに陥らないアニメが健全かつ至高です。




5.俺が好きなのは妹だけど妹じゃない




私的に今年一番笑ったアニメです。

それは内容では無くアニメの作画崩壊が凄まじく、口が空中分離したり、放送が延期する等、数々の伝説を残してくれました。

ニコ動でコメ有りで視聴してましたが腹筋崩壊不可避です。

作画崩壊を誤魔化すキャベツのシーンも例のネタを彷彿とさせるため、また笑いのツボに入りましたね。

しかし、内容もけっこー面白いので作画抜きでもそこそこ楽しめますよ。



6.オーバーロードⅡ、7.オーバーロードⅢ





俺ツエー系の王道、界隈では「イキリ骨太郎」とディスられてますが、内容は結構練られています。

「俺ツエエのなろう系」はちょっと鼻に付く作品が多いですが、主人公がどやってないのがポイント高いです。またダークヒーローものなのも他の作品と少し違うところです。

なので主人公無双してても変な笑いも生まれず、ただただたのしいです。






8.からかい上手の高木さん





Twitterや某掲示板を賑わせたちょっと変わった青春ラブコメです。

「こんな青春を送りたかった」と切ない感情に支配される人が続出する反面、高木さんの一途な「からかい」に自然と夢中になれる作品です。

西方君が本当に羨ましいですねこりゃ…




9.ぐらんぶる





若々しさに溢れれた頃を思い出させてくれるノスタルジックな作品ですww

アホな展開とギャグがてんこ盛りですが、しっかりと作品の題材でもあるダイビングサークルで青春もしてます。

OPも湘南乃風という事もあり、30代男性が楽しめる作品の一つだと思います。兎に角勢いが凄くて面白いww



10.ゴクドルズ





極道のメンズが女になってアイドル活動をするというちょっぴりニッチな作品。

アイドルと極道という謎な組み合わせが独特の世界観と笑いを産み出しています。




11.SSSS.GRIDMAN





普段ロボット系は滅多に視聴しないんですが、珍しく完走した作品です。

エヴァのオマージュがあったり、ロボットアニメファンの心をくすぐる演出が多いです。

1クールでしっかりまとめた作品なので、ストレス無く見ることが出来ました。

最後のシーンは賛否評論でしたが私的にはあの演出も全然有りだと思います。



 

12.中間管理録トネガワ(ハンチョウ)





カイジのスピンオフ。おっさんが主人公ですが、部下との関係性や仕事での悩み等、社会人の人なら楽しめる作品かなと思います。

そして、中盤より主人公交代で時々表れるハンチョウのストーリーも中々面白い。

カイジ関連は心理描写がとても面白くて好きですね。




13.ゴブリンスレイヤー





元々は2ちゃんのSSから生まれた作品らしいです。

ここ最近の流行りの「俺ツエエ!」な作品ではないため、主人公無双の展開は御座いません。

しっかりと知恵を振り絞ってギリギリの中で戦うってのが臨場感があって好きです。

1クールアニメでさくっと見れますし、見終わった後に一本の映画を観終わった様な充実感がありました。




14.殺戮の天使





元はフリゲですが、閉鎖的な空間から脱出するドキドキ感と後半に向かって物語の確信に迫っていく流れがめちゃ面白いです!

個人的にはザックとレイチェルには幸せになってもらいたいです。

最後シーンの解釈は様々ですが皆さんはどうですかね?




15.邪神ちゃんドロップキック




ちょっと異質な日常系ですが、女の子達が可愛いすぎる…脳死で楽しめるので、ボーッと見たい時にオススメです。

勢いのあるギャグと所々に散らばめられたパロディー要素もクセ無く楽しめます。

ちょっとハッカドールっぽいかも?

ちなみに円盤の売上目標が達成され二期が決定してますww今から楽しみで仕方ないです!






16.ヒナまつり





極道×超能力少女が題材のドタバタ系です。

個人的にはそのドタバタに巻き込まれる瞳ちゃんの成長過程が見てて最高に面白いですww

瞳ちゃんに限らず、回を追う毎にキャラ達の心の成長が感じられる良い作品です。




17.ポプテピピック





説明不要のクソアニメ(誉め言葉)です。

前半パートと後半パートが同じ内容ですが、それぞれ違う声優さんが声を当てているので、中身の人が好きなら確実に楽しめます。

パロディー要素がかなり強いため意外と若い世代の子が困惑する事態も起きていましたね…




18.青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない





思春期症候群という変わった都市伝説と主人公の物語です。

その謎な要素抜きにしても作品の完成度は高く、青春学園物として自分の中ではトップクラスに好きです。

ハーレムっぽいですが余りハーレム要素を感じさせない雰囲気が自分的には評価出来ました。

最終回は少しばかり消化不良感がありましたが、全体通して視聴したらあの流れでも自然なのかなと思います。




19.転生したらスライムだった件(継続中)





2クールなので正確には2019年冬アニメですが、紹介せずに入られなかったので紹介しますww

タイトル通り流行りの転生ものですが、スライムに転生しちゃうという一風変わった作品です。

「俺ツエエ系」ですが主人公がスライムのおかげで余り鼻に付く事なくあっさりと視聴できます。




20.ゾンビランドサガ





ゾンビがアイドルを目指すというまたまたニッチな作品ですが、1話毎にファンを飽きさせないとんでも展開が目白押しですww

特にアイドルアニメなだけ曲に対しての熱意が半端無いですし、かなりの完成度です。



米津玄師のLemonを抑えて一位は本当に凄いです。

テーマソング以外にもラップをしてみたり、エレクトロな曲を披露してみたり多彩なパフォーマンスにも注目です!

話も丁寧に作られており、1話毎にメンバー1人にスポットライト当ててキャラを掘り下げられていきます。



2018年の覇権としての風格を始終放ってた作品でした。本当におめでとうございます!2期が待ち遠しいです!

たえちゃんの正体が早く知りたいっす!



21.ダーリンインザフランキス





性のメタファーが多くちょっと「えっ」となりますが、作品の世界観がそういうものなのでしゃーないかなという印象。

全体的に暗めですが、少年少女が「巨竜」と呼ばれる存在と対峙しながら成長していく感じです。

内容は面白いですが、最後まで「ちょっと救われないかな」という感想です。

ですが、珍しくロボット系で完走したって事はもやっとしつつも楽しめたのかなと思います、たぶん(笑)





22.デスマーチからはじまる異世界狂想曲動画





完全にスマホ太郎の後継者、デスマ次郎と揶揄されてますが、きちんと視聴すればそこそこ楽しめる作品です。

そもそも、前者のスマホ太郎や他のなろう作品と違ってうざい「どや」成分も少な目ですし、控え目に行動し元の世界へと帰還しようとする姿勢には普通に好感持てます。

まぁ、美少女いっぱい出るのは人気出すためにも仕方ないんでそこはね?




23.ハイスコアガール





スーファミ世代の私にはドンピシャな作品です。主人公の男の子がゲームを通じてヒロインの女の子と関係を深めていく様子が何とも甘酸っぱい。

まぁ、この時代の女子でゲームを許容してる層は正直幻想レベルでいないのでしょうけど、漫画アニメですからね…

私もこんな青春送りたかったです。ちなみに2019年に完結編やるそうなので、とても楽しみです!




24.はたらく細胞





人間の体を擬人化した作品で、その手の方からも好評で勉強にもなる作品です。

2018年の話題作の一つなんで是非チェックして下さい!血小板ちゃんの可愛さに一時期燃え豚が量産されてましたww




25.ペルソナ5





ペルソナ作品は本当オサレかつ面白い!

前作の印象から今作を見ると「前回よりスケールが壮大」になっていると感じました。

またペルソナやパレスでの変身もスタイリッシュでアトラス感全開で4と同じく最後まで楽しんで視聴出来た作品です。




26.魔法少女俺




美少女が筋肉隆々の男に変身して敵をバッサバッサとやっつける作品です。

完全に出落ち感ハンパないですが、何とも言えないスピード感があるのでさくさく楽しめます。




27.魔法少女サイト





ちょっと鬱っ気の多いアニメですが、登場人物のキャラがぶっ飛んでて面白い!

特に主人公の兄の変態具合にはちょくちょく笑わして貰いました。

全体的に暗い内容ですがマドマギと同じく魔法少女というテーマとのギャップが激しいためインパクトはデカイですね。




28.ラーメン大好き小泉さん





ラーメン大好きな美少女を執拗にストーキングする女の子の話。

始終ブレない固執っぷりは「ウザメイド」や「まりあほりっく」に通じるものがあり、独特な笑いを作り出してます。

そして、ラーメン食べてる描写が最高に旨そうなんで深夜に視聴するのはちょっと危険なんで気を付けて下さい(笑)




29.りゅうおうのおしごと!





16歳で竜王のタイトルをゲットした主人公の元に小3の女子が弟子入りするという、ちょっとアレな展開ですが面白いです。

若い二人が葛藤する姿を見て「何かええなぁ」という微笑ましい気持ちで見ていました。

ですが、将棋の世界の厳しさも垣間見えるメリハリのある良い作品です。

「全く、小学生は最高だぜ!!」という社会的に問題のある名言(パワーワード)も生まれました。




30.ルパン三世 PRAT5





仮想通貨やスマホやネット等、最先端のネタを取り入れた新しいルパンでとても楽しめました。

さらに、ファン歓喜なのがアニメ終盤のルパン一味の潜伏先として「カリオストロの城」の廃墟が登場し、Twitterで話題になりましたね。

おっさんドンピシャ世代なんで始終楽しめました。




最後に


publicdomainq-0030108pxyytu

2018年は本当に豊作の一年でした!特にギャグアニメに関しては昨今ではトップクラスのラインナップだったかなという印象ですね!

是非とも二期をやって欲しい作品ばかりです…ちなみに「某掲示板」では「邪神ちゃんドロップキック」がかなり人気でしたね。

自分も凄い好きでこの短期間で二週しちまいやした(白目)

頭空っぽの方が色々とストレスフリーで見れるので私は好きなんですよね、こういう系(笑)

2019年もたくさんの素敵な作品に出会えるかと思うとわくわくが止まりませんね。

では、おっさんの自己満記事に最後までお付き合い頂きまして誠にありがとうございました!

スポンサードリンク